上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
秘密 -トップ・シークレット- 10 (ジェッツコミックス)
秘密 -トップ・シークレット- 10 (ジェッツコミックス)

長い間積読状態でしたが、ようやく読みました。
この作品に、ハッピーエンドや明るい未来が感じられる結末が待ち受けているなんてこと、爪の先ほども思ってはいないけど。でも、いよいよクライマックスに向けてラストスパートなのかなぁ、と思うと胸が痛くなるのでありますよ。薪さんと青木が、これでもかと追い詰められるシーンばかりで、この先に夢や希望なんてないんじゃないかと思います。どんな結末でも受け入れますけど(当たり前だ)、やっぱりね……。

単行本2冊を費やしてもまだ終わらず、さらに次号へと続くこの物語は、やっぱり完結した時が最終回なんでしょうね。ネットで確認したところによると本誌のラストは4/28だとか。願望としては、まだ続いてくれることなんですけどね。「END GAME」は最終回でも、秘密自体はまだ続くとか……あるわけないか(涙)

もちろん腐に傾いた読み方をしていないとは言いませんが(むしろ思い切り傾いてる:汗)、それ以外の物語そのものにも、どっぷりハマった作品なだけに、最終回が来るのは、本当に寂しい思いでいっぱい。

あ、ちなみに。
清水玲子「秘密」を全くご存知ないお友達へ、少しだけ舞台について。

近未来。
死後の脳から最大5年の記憶映像が再生できるようになり、犯罪捜査にMRIが用いられるようになる。ただし、その情報はトップシークレット。脳の再生を用いて捜査ができるのは、第九と呼ばれる捜査機関のみ。見なければわからないこと、見られたくないこと、見て欲しくないこと。プライバシーと事件解決という大義名分の狭間で揺れる捜査員。人の秘密に踏み込むことで、病んでいく心。被害者の家族、その周囲の人々の姿。

とんでもなく怪しく陰のある美形の警部(あ、男です)とその部下が登場して、これがまた精神的な交流をひたすらするものだから、どうしても腐的な読み方ができちゃうわけですが、でも、それはあくまでおまけです(多分:笑)

最初の頃は基本的に一話完結、だったのですが、今は最終回に向けて超大作になってます。グロい表現もあったりしますが、かーなーりーオススメなので、読んでみたいと思われるお友達にはいつでも貸し出しますので言ってくださいね(爆) あ、いないか(笑)

しかし、あれだ。
メロディ2月号、まだ売ってるかな……。秘密カレンダーだけ欲しいの(笑)
スポンサーサイト

2012.01.23 
つづりん、病院へ行ってきました。
相変わらず、外の空気に触れるとご機嫌で、るんるんで動物病院まで行ってきました。
尻尾の形はともかくとして、順調に回復はしている様子。何せ若いですからね。
ぱっと見た目はまったくわからない程、ぴーんと尻尾をたてて、ご機嫌で歩きまわっていますから問題はありません。
いや、歩きまわっているというより、走りまわっているというべきか……(汗)

綴を連れて帰ってきたら、狩野が不機嫌になりました(笑)
少しだけ残った狩野のごはんを綴が食べていたので、綴の分のごはんは完食しないかも、と思ってましたが、ぺろりと全て平らげ、さらに、空になった皿まで、名残惜しそうに舐めてました(笑) よほどお腹がすいていたのね~。

さて。漫画関係、第二弾です。
私が買う漫画は結構決まっているのですが、買い忘れていると旦那が買ってきてくれます(笑)
ついでに旦那が「面白そう」だと買ってきた漫画については、私の趣味に合うと判断されたものが、彼の読んだ後、あるいは読む前にこちらに回ってきます。ありがたやありがたや~。

今回は、私が必ず買う、と決めている漫画リストを。

きのう何食べた?(4) (モーニングKC)
きのう何食べた?(4) (モーニングKC)
基本的に類は友を呼ぶ感じなので、mixiのマイミクさん達とかの一部では、買ってあたり前状態の1冊。料理の上手なイケメン弁護士(男性)が手際よく作る料理達が本当においしそうで、夜中に読むとよろしくない本です。イケメン弁護士の恋人は男性ですけどね。結構ほのぼのしてて好きです。
お、これも新刊でるんだ。楽しみ♪

秘密(トップ・シークレット) 9 (ジェッツコミックス)
秘密(トップ・シークレット) 9 (ジェッツコミックス)
こちらも、結構読んでいる友達が多いなー。
新刊が出るのを楽しみにしているベスト3に入ります、確実に。
未来の警察のお話。死者の脳を取り出して、記憶をたどることで事件を解決していくという。
倫理的な問題とか、葛藤とか、読んでいるだけで苦しくはなりますけど、でも、これもな……登場人物達とかその関係性に悶えまくりなんですよね。こればっかりはどうにもならん(笑)

眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 雨柳堂夢咄 其ノ十三 (ソノラマコミックス)
眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 雨柳堂夢咄 其ノ十三 (ソノラマコミックス)
最近スローペースの刊行なのでなかなか新刊が読めないのがもどかしいわけですが、大好きです。骨董屋の孫息子が骨董達の声を聞いて、受け止めて。周囲の人間達との交流や、骨董達にまつわる事件を解決したりする、ちょっと素敵で不思議な話。この人のコミックスはなるべく全て買い揃えるようにしています。かなり好き。

眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 百鬼夜行抄20 (ソノラマコミックス)
眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 百鬼夜行抄20 (ソノラマコミックス)
何だか最近随分と絵が変わってきているみたいで、ちょっと気がかりではありますが。
最初の頃の主人公の絵が好きです。
祖父から奇妙な力を受け継いだ男の子とその家族・親戚達が経験する物語。
実は結構笑えない話が多い気がしますけどね。やっぱり生きた人間が一番怖いんじゃないかと思う。

さんすくみ 2 (フラワーコミックス)
さんすくみ 2 (フラワーコミックス)
ちょっとおちゃめな親友3人組の彼らは、それぞれ神社、寺院、教会の息子達。
宗教は違っても、相当仲良し!
本当に間が抜けているというか、(チャラい、とは全く違う意味で)軽い男の子たちのドタバタコメディなわけですが、地味に面白いんですよねー。そんなにガンガン笑えるわけじゃないんですが、くすくすっとなってしまうというか。私も、保育園(浄土真宗大谷派)、高校(カトリック系ミッションスクール)、大学(浄土真宗本願寺派)と、ばらっばらな環境で学んできているので、何だか親しみを感じます(笑)


あとは、やっぱり周囲も普通に読んでる、このあたり、とか。

海街diary 4 (flowers コミックス)
海街diary 4 (flowers コミックス)

大奥 7 (ジェッツコミックス)
大奥 7 (ジェッツコミックス)

旦那は割と漫画を売っちゃうことが多いけど、私はかなり売れません。手元に置いておきたい派なので。
思い出したように読み返したりすることも多いし。壁面収納のおかげで、まだまだ当面は蔵書を増やせますけど、またあふれたらどうするかなぁ。取捨選択せねばならぬのか(悩)

2011.09.18 
毎度のことですが、旦那が漫画を買ってきました。
今回は、私も旦那もふたりとも読むシリーズ。

ちはやふる(14) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる(14) (Be・Loveコミックス)

個人的にはすごく楽しみにしている作品で、早く読みたくて仕方がない。
でも、毎巻、本当にいいところで「次巻へつづく」になるので(笑)、読んでしまうと再び先が気になってしまって。結局、もったいない~って感じでサイドテーブルに置いたまま数日が経過中(爆) 馬鹿です。一体いつ読むんだ……。

ちなみに、競技かるた(百人一首)がテーマの漫画です。
今となっては有名な作品になりましたが。(10月からアニメ化のよう)
百人一首好きだし、かなり面白いです。

それから最近は、将棋漫画(「三月のライオン」「ひらけ駒!」「王狩」とか)も結構好き。

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)
3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)
これは泣ける。泣きたくて読むのかって思うほど。
少年の葛藤とか執念とか優しさとか、ぎゅって胸がしめつけられる感じです。
ちなみに、毎回旦那が購入してきますが、いまだ積読らしいです(笑)

ひらけ駒!(2) (モーニングKC)
ひらけ駒!(2) (モーニングKC)
南Q太らしいといえばらしい。でも、らしくないといえばらしくない。
けど、ほのぼの将棋漫画って感じで切迫感なくて心地良いです。
お母さんが将棋を始めるのも可愛い。
あ、もうすぐ新刊がでるみたい。旦那様、買ってきてね!(笑)

王狩(2) (イブニングKC)
王狩(2) (イブニングKC)
絵は好みじゃないけど、話は面白くなってきました。
女の子が主人公。今後、どう転がっていくか。

百人一首は祖母から、将棋は祖父から教わりましたが(要するに両親は全くどちらにも興味がなかった)、先を読むのが得意ではないので、将棋は弱いです。でも、小学生の頃「次のそろばんの試験に受かったら、何か買ってあげる」と親に言われて希望したのは、谷川浩司の将棋本でした(笑) 役に立っていたのか?! 子供のいない伯父夫婦に買ってもらったのも、木の将棋盤と駒。マグネットじゃないのが欲しかったの。もう30年近く昔のお話ですが、これはまだ使っています。
百人一首はそこそこ得意でしたが、競技かるたからは遠く離れているので今はもう(笑)

ここ数日、若干早めに帰宅できているので時間があるといえばありますが、どーも眠くて連日早寝で。しかし、夢見はまったくもって良くないので、起きると微妙に疲れてます(涙)

そして話はかわり、続・続・オーブンレンジ。
実は、先日の夜、衝撃の事実を知ったことで、迷いなくヘルシオに決定しました。

旦那の血圧、あまりにも高すぎる!!
もともと血圧高めの人なのは知っていましたが、自宅にある血圧計ではかったところ、目ん玉飛び出るほどすごかった。私もはかったのですが、もう雲泥の差。超危険。レッドゾーンです。同じ物を食べてるのに、どうしてこうなる?って感じ(汗) 家系的な体質の問題もあるかもしれませんけど、これはちょっと……。

というわけで。
塩分以外にも問題がある気がしますし(苦笑)、気休めかもですが、ヘルシオさんに頑張ってもらうことにします。

ま、あとはいつ買うかだよね~(遠い目)
新機種出たばかりだから、当面値は下がらないだろうしな。

2011.09.15 
きーちゃん先生の事情 1 (1) (デザートコミックス)きーちゃん先生の事情 2 (2) (デザートコミックス)
夜は、売れっ子のキャバクラ嬢、昼間は高校の英語教師!
諸事情により二束のわらじをはくことになったパワフルで前向きなアラサー「きーちゃん」と彼女を取り巻く人々(生徒を含む)との交流、そして彼女自身の成長を描いたマンガ。

しかし、すっごい働いてるよ、きーちゃん(笑)
朝から学校、担任(副担任だったっけ)持ってる以上、非常勤ってこともないだろうに。
学校をひけてからはキャバクラでお仕事。これだって深夜までだよね。いつ寝てるんだ……?
とりあえず学校は私立だから兼業は問題ないとして(オーナーが兼業させてるんだから、就業規則上も問題ないんだろう:笑)、この毎日は絶対無理があると思うね。教師のお仕事、そんなに早くは帰れないと思うんだけどなー(と、友人の高校教師を思い浮かべながら)。もう30歳近いんじゃ、そんなに無理もきかないだろうし。……要は設定に若干の問題が。

でも。そんなことはどうでもよくって。
きーちゃんが相当魅力的。はちゃめちゃで割と自分勝手なんだけど(自分の私利私欲で動くこと多し:笑)、でも、生徒のことは考えてるし、自分に足りないもの欠けているものに気づけば素直に反省し改めようとする。それに、キャバクラ嬢としても全力投球でナンバー1なのも頷ける。だけど、学校での人気は全くあがらない(笑) 完璧じゃないけど、完璧。いいなー。

これから先の話はなーんとなく読めちゃうけど、でも、これからどんなエピソードが描かれるのかは、ちょっと楽しみ。あ、種類としては「ごくせん」に似てる、の、かな? 周囲にバレたら困る裏の顔があるってあたりが。もっとも、きーちゃん、そんな身体はって生徒を守ったりはしない気もするけどね(笑)

ところで。なになに、この漫画はデザートコミックス? でも、これ私のじゃなくて相方の。
……デザートコミックスが並ぶ35歳男子の本棚って(汗)
そ、そんなに珍しくもないよね、きっと。
買ってもらえるものは、そのまま買い続けてもらおうっと(笑)

2008.10.03 
ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)ちはやふる 2 (2) (Be・Loveコミックス)
今現在、正直私の部屋にこれ以上新しい漫画を保管できるスペースは存在しない。
現在進行形で集めている漫画も多々あるし。
なのに……百人一首競技かるたの漫画?! と思わず手にとってそのままレジへ(笑)
読んでみたら意外と面白かったので、今後も購入することを決めた。
そしたら、先日既に2巻が出ていてにんまり。もちろん即購入。

定番の女ひとりに男ふたり。話は小学6年生から始まる。
転校生の新は大人しくて無口(でも、言うことは言う)。そんな彼の特技は「百人一首競技かるた」。試合の様子を初めてみた千早と太一は衝撃を受け、自分達も競技かるたを始めるが、ほどなく3人は別々の道を歩くことに。……そして、4年後、彼らが高校生になったところから、再び物語が始まる。それぞれの4年間、それぞれのかるたに対する思い。お互いが知らない時間がそこには流れていて、現在がある。これから3人の道は重なっていくのか? また3人でかるたができるのか?

私も、百人一首が好きだった。
漫画に出てくる新は、祖父が競技かるたの名手で、そんな祖父にかるたを習ったという設定。私は、祖母から教えてもらった。もっとも、教えてもらったのは、百人一首の句とその意味。一番最初に覚えたのは、紀友則の「久方のひかりのどけき春の日にしづ心なく花のちるらむ」。どんどん覚えていくのが楽しくて新鮮だったことを覚えてる。

その頃は、ちらしと坊主めくり位しか遊び方は知らなかった(笑) 競技かるたをやり始めたのは、百人一首クラブ(学校の部活動)に入ってから。お正月に開催される地域の百人一首大会で、初めて強い方々のかるたを見て、漫画の千早と同じように驚いた。百人一首ってスポーツ?!って(笑) スピードと暗記力、瞬発力に耳の良さ、色んな要素が必要で、ほんと優雅さとは程遠いというか。でも、楽しかった。今ではすっかり遠のいてしまったけど(というか、やる相手いないし:笑)、たまにやりたいなーと思う。多分、今でも、ほとんど覚えていると思う。

そうか、クラブなんかもあるんだ、知らなかった。いいな、昔知ってたら入っていたかもな、とか。
そんなことを思いながら、何だか懐かしくてまぶしいものを眺めるような気持ちでこの作品を読んでいる。
物語はまだまだこれから。句の意味を知って、さらに成長していく千早と、彼女に振り回される太一、そして、過去のためにかるたを断ってしまっている新。これからどうなっていくのか、かなり楽しみ。

とりあえず、今度実家に帰ったら百人一首持ってくるかな(笑)
……てか、それくらい買えよ>自分

2008.09.26 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。