上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
震災発生からはや2週間以上が過ぎ、東京は計画停電(に伴う店舗の営業時間短縮含め)やら微妙な買占め(随分落ち着いたか)やら自粛ムードやら以外は、一見ほぼ通常営業といった感じです。でも、それはぱっと見なだけで、実のところ東京の人間も色んな不安を抱えて気持ちが安定していない、という雰囲気を感じます。通常営業だけど、でも違う、何か少しだけ掛け違えたような感じで。もちろんそれは、被害がほとんどなかったから言えることで、被災地の方々の抱えるものとは比べられないし、また種類の異なるものではないかと思います。

福島原発のことについては、本当に複雑な思いでうまく言葉にまとめることができません。
少なくとも私は、平常心で(それがたとえ「フリ」だったとしても)自分の出来ることを、そして、自分が生きていく為に必要な活動をするのみです。被災地の復興はもちろん、東京を離れた人達が戻ってきて、以前の東京に戻ることを祈って。もちろん、今回のことを機に生活のあり方を検討していく必要はありますが、何だかんだ言っても、私は東京が好きなんですよね。

愛知の片田舎に住んでいた私は、東京にすごく憧れていて、念願の東京で暮らせる時は本当に嬉しかった。そりゃあいいことばかりでもないし、見方によっては、どうしようもない街な気もするし、地方の支えによって成り立っている都市だということもわかっている。でも、故郷を離れてまでも、自らが望んで選択し、暮らしていくと決めたところだもの。正直なところ、故郷とどちらに愛着があるかと言われたら、東京だったりもする。だから、いい時だけじゃなくて、そうじゃない時もここで頑張りたい、と思うのです。

もっとも、私自身は生活に不便を強いられているわけではありません。
節電ダイヤの影響で、普段よりも混雑している列車に乗るのが怖いくらい。
(関節が正常に動かせないから、満員電車で変な体勢になるのが恐ろしい……:汗)
どちらかというと漠然とした不安が大きいかも。


さて、話は変わりますが、私はどちらかと言うと見た夢を結構覚えていることが多い方。
地震以来、結構「なんじゃこりゃ」という夢を見るわけですが、今朝の夢も微妙(笑)

巣鴨の街で、毎年サンバカーニバルが恒例で行われるというもの。
昨夜帰宅してから見ていた、録画の「世界の果てまでイッテQ」の南米スペシャルがもろ影響しているんだろうな、と苦笑。でも、出てきている町並みは、以前にも夢で見た覚えがある。浅草と京都と宿場町を全部ごっちゃに足して割ったような広くない路地で、そんなところでサンバカーニバル!(爆) しかも、ちょっとわき道に入ると、子供達が犬を散歩させ、猫と遊んでいるという。夕暮れの中、旦那と二人でどこからか走って帰ってきて「今年のサンバカーニバルは自粛ムードだねえ」などと話しているものでした。すごい勢いで走ってたんだけど、私は全速力で走ることは不可能なので、これは願望なんですかねえ(笑)
スポンサーサイト

2011.03.29 
Cat
行くはずだったライヴが中止になったので、今日は午前中から等々力の「CatCafeRIEN」へ。
仔猫と遊ぶ会でした♪

実は、綴の弟妹がいるのです。
確か、パパママ両方とも同じはず。
というわけで、今回は、綴のママと弟妹をご紹介~。


ええと、こちらがママのリルケ(雪姫)です。
綴のママ その1

いつの間にかRIENさん一の暴れん坊スパルタママになってしまったリルケ。
今日も、あちこちでケンカを売ってました(汗)

綴のママ その2

でも、リルケの子達は、皆、性格が良いのです。
は、反面教師?!(笑)

さて、弟妹達です♪

ふたりでモデル。
綴の兄弟 その1

可愛いけど、ちょっと怖い(笑)
綴の兄弟 その2

とってもフォトジェニック。
綴の兄弟 その3

お腹ぺろ~ん(笑)
綴の兄弟 その4

いやぁ、久々に癒されました。
もちろんウチの子達が一番可愛いですけどね!

後日、ママ・弟妹以外をUP予定です。

2011.03.20 
(14:30)職場にて、遅い昼食を食べつつネットをしていたところ、わずかな揺れを感じてびびる。元々がかすかな揺れでも怖い、極度の地震恐怖症。おさまるどころか次第に大きくなる揺れに、今までにない恐怖を感じて、すぐさま机の下に潜ろうとした。それでも、残っているおでんの汁は気になって、机の下におろすことだけはして、そのまま机の下へ。事務所のあるビルは古いし、7階だし、いつ崩れるかと思うと、もうとにかく怖くて怖くて仕方なかった。多分2分位の揺れだと思ったけど、果たしてどうだったのかはわからない。長かった。それでも、同僚達がいたので、ひとりじゃないというそれだけが救いだった。

(15:00)揺れがおさまった後、机の下から這い出してみると、諸々倒れていたけれど、ひと息つく間もなく余震がやってきて、また恐怖。上司達が一旦避難の声をあげたので、貴重品とコートを持って1階へ。もちろんエレベーターは止まっているし、7階から1階まで階段。持病持ちの私には結構きつかったけど仕方なし。頑張って降りたよ。命にはかえられん。7階事務所は結構荷物が落ちてたのに、1階事務所(半倉庫)では、山積みになっていた荷物が落ちていない。一体この違いは何……?

(15:30)旦那に連絡を取ろうにも、電話は当然繋がらないし。同じビルの別のフロアに入っている会社の人も、ロビーまで降りてきたりとか。歩道には、普段の日中にしては人通りが多くなってきた。関西の友人から地震直後にメールをもらっていて驚いたけど、どうやら東京の人と電話で喋っていて異変が伝わったらしい。そうこうしているうちに、余震が少しおさまってきた感じがしたので、再度階段で7階へ。ところが、またでかいのが来たので、再度1階へ。

(16:00)その後は、1時間近くずっと1階にいた。1階からお客様に電話を入れたり、ワンセグで仙台空港の様子を見て絶句したり。新宿中央公園には、すごい人数が避難に集まっていたり、文字通り非常時。この頃には、徒歩で新宿を離れる人々が増えてきた。

(17:00)とうとう取締役らが、本日の業務終了を指示。再度、7階まであがり、PCの電源を落としたり、散らかった事務所内をとりあえず片付けたり。動いている交通機関を検索するも、考えることは皆同じなのでサイトはほとんど繋がらず。諦めて会社を出る。

(17:20)同僚と共に、最寄バス停から新宿行きのバスに乗り、伊勢丹前の池袋行きのバス停に向かった。が、当然の如く行列だし、バスもなかなか来ない。

(18:15)帰宅路がわかっていることもあり、諦めて歩き始めた。同僚と、見知らぬ女性と3人で明治通りをてくてくと歩く。折角、水曜日に休んで膝の水を抜いたのにまた溜まっちゃうよ、と思ったけど、抜いてなかったらこの距離は歩けなかったと思うので、結果的には良かったと思う。ひとりじゃなくて、数人で歩いていると気持ちも多少は楽だし、道もわかっているから、そこまで距離を長くは感じなかった。

(19:00)学習院下あたりで新目白通りに方向を変える同僚と別れ、とりあえず動いていた都電荒川線に乗るべく、駅の行列に並んだ。とにかくそれなりの行列なのに、三ノ輪橋方面は来る電車来る電車満員なので、数人すら乗ることができない。寒いし、お手洗いの恐怖も迫るし、色々と迷う。

(19:30)諦めて、反対方面の早稲田行きの電車に乗って始発駅の早稲田まで戻った。どうしてもお手洗いに行きたくて、近くのコンビニのお手洗い行列に並ぶ。一緒にいた女性が「並んでいるからいいよ」と言ってくれたけど、戻ってきたら随分先に行ってしまっていたみたいだし、並んでいる人に申し訳ないしで、やはり最後尾に並びなおした。けど、電車が来れば何十人も乗れるし、何となく安心した。

(20:20)ようやく電車に乗れる。タイミングが良かったので座席にも座れた。ぱっと見、健康体に見える私なので座席に座るのは申し訳ないのだけど、すみません、許してくださいといった感じ。始発以降の駅に並んでいる人は、ほとんど乗ることができない。「詰めてください!」と言われるけれど、本当に鮨詰めで……。降りることができるかも不安で、下車数駅前で席を立ち、出口近くまで移動。

(21:00)最寄駅でようやく下車し、数分歩いてくたくたになりながら帰宅。私よりひと足早く、五反田から徒歩で帰ってきた旦那は、リビングのソファで倒れていた。革靴で早足で帰ってきて、足に負担をかけたと思われ。私にしても、旦那にしても、猫や室内が心配だったんだよね。幸いなことに、室内はほぼ平常通りだったし、猫もけろっとしてた。良かった。とりあえず食事、ということで、何とかパスタを作って食べた。

まあでも、人間の恐怖はともかく。
とにかく、ウチの場合は、猫。心配なのは猫だけ。
余程のことがない限り大丈夫だとは思うけど(東京直下型とか。って、マンションを過信しすぎ?)、もしも窓ガラスとかが割れて脱走した場合の為に、対策を考えなくては、と。綴の場合は、野良には見えないし、マイクロチップもしているから、保護さえされれば何とかなるかもしれないけど、狩野は普通に野良に見えちゃうからなー。やはり名札付首輪? でも、首輪をしていることで危険だったらどうしようとか考えてしまう。狩野もマイクロチップかな……。

一方、狩野はビビリだし、遠くには行かないと思うけど、綴は割と平気ですたすた行ってしまいそうな気もする。
難しいなあ。色々検討しなくちゃ。

2011.03.16 
地震から数日。週末明け、昨日から出勤です。
山手線徒歩圏内在住なので、とりあえず特に大きな混乱もなく都心の事務所に通勤してます。

既にTwitterには書きましたが、我が家は夫婦及び猫共々、何事もなく無事でした。
室内も、本棚の上に載せていたモノが散乱した程度(旦那の部屋だけ)
後は、並べてあるDVDの位置が若干変わっているかしら?というようなものでした。
おそらく1階であったことと、設置している家具の向きと揺れの向きがうまく噛みあったのでしょう。
旦那側の親族は仙台市若林区在住とのことで、かなり心配しましたが、一部連絡がつき、ほっと一息です。(まだ全員と連絡がついているわけではないのですが……)

それにしても、毎日テレビで目にする被害状況を見て、本当に心が痛みます。
被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

まだまだ緊迫した状態が続いているからなのか、被災していなくても、何か神経が張り詰めた状態になっていて疲れが取れません。土日はゆっくり休んだと思うのですが。ひどく疲れているのに、あまり眠れないし、不安だし。何が不安って、余震や原発は勿論のこと、出勤の為の交通手段とか、買占めによる食料不足で帰宅時にはお店がすっからかんだとか(苦笑) まあ、食料については飲食店もやってるし、家にもカップ麺はあるし、当面心配に思うことはないんだけれど。何故、こんなに不安なんだろうね。

とにかくこれから自分の出来ることを(節電と募金くらいしか思いつかないのですが、事務所は終日エアコンその他を止めているので、コート着て仕事中)コツコツと行って、どれだけかかるかわからないけれど、皆でいつもの日常を取り戻せる日が来ることを心の底から願っています。

2011.03.15 
昨日は、振替休日にてお休み。
目前の納品プログラムが気になって全く休みな気分じゃなかったけど、土曜日の休日出勤で行けなかった病院には行かなきゃいかんし。上司命令なので(苦笑)、やむなく休日。

休日とはいえ、病院は半日仕事なので早起き必須。寝ていたい気持ちをぐぐっと堪えて午前8時過ぎに起床。支度して病院行って、レントゲン&採血&膝から水をぬく&手の平に注射&点滴。都合4箇所も針をさされた(涙) 点滴は2時間半(普段は2時間位)かかって、処置室のちっこいベッドの上で、うつらうつらしながら音楽聴いてたんだけど、まったく地震に気づかなかった。いつもなら少し揺れただけで飛び起きる私としたことが、結構揺れたらしい地震に気づかなかったとは!

それはさておき。調剤薬局で薬をもらって、病院を出たのが、午後1時半過ぎ。
先生から「いくら薬を投与しても、ストレスと過労には負けますから」と言われ、「今日は休みなら、今日はこれから何もしないこと」と釘をさされたけれど、休みなら休みでやらなきゃいけないことがあるのよ~。

というわけで、病院を出た後、駒込まで歩いて郵便局でおつかい。その後、西武池袋へ。無印良品へ向かう前に、はたと思い立ってペット用品店で猫草を購入。無印へ移動し、家具を物色。でも、やはり作ってもらう方が良い(値段やその他考えて)との結論に達して、食品類を購入しただけで終了。デパ地下でほんの少し買い物をして午後3時に帰宅。

遊べと煩い猫達に我慢してもらって、部屋でどうしても気になっていた部分を取り急ぎ片付けたりしていたら、既に17時近かった(汗) 録画物を消化してたりするうちに、18時半頃には旦那が帰ってきたので(しかし、早いな。羨ましい)、一緒に食事。合間に会社のメールを確認したりしている間に、休みなんてあっという間に終わっちゃって、あまり休んだ気がしません……。

とりあえず、癒しの猫達の写真を少し。

猫草うまうま(?)
猫草を貪り食う狩野。
いや、この写真だと、あまり貪っているようには見えない。完全に貪っている写真もあるけど、ちょっと怖いのでやめとく(笑)


そろそろまったり
ひとしきり走りまわり、狩野に喧嘩を売り、とりあえず疲れたらしい。キャットウォーク上で、まったり。


お姉ちゃんが気になる
遊び疲れたはずが、私の背後で動く狩野が気になって仕方ない綴。



しかし彼女ら、おいしいものはちゃんと理解してるんだろうなあ。
最近、アニモンダに目覚めた狩野は、i/dだとご不満の様子。
i/dとアニモンダ(どちらもドライ)を混ぜると、アニモンダの粒をよりわけて食べる。
綴も、アズミラだとなかなか食べない。
もっとも、綴の場合は不満が空腹に負けるので、それしかもらえないとわかると、その後、しれっと完食してしまうあたりが微笑ましいのだけれど。

まあ、キミらの食事のために、頑張って働くよ。
とてもじゃないけど全部アニモンダってわけにはいかないけどな!(笑)

2011.03.10 
Cat
またもや先月の話ですが(滝汗)
26日は、綴のご実家「CatCafeRIEN」での、にゃみりー会に参加。
にゃみりー会というのは、RIEN出身猫のオーナーさんが集まる会のこと。
オーナーさんの数も多いので、何回かにわけて開催されている様子。
参加した日は、8名にて開催。

最後に綴が里帰りしたのはお正月だから、2ヶ月振りに綴を連れて行くことに。
まだまだ部屋で遊んでいたかった彼女は、キャリーに入るは「イヤだ~!」とバタバタしていたけれど、いざ部屋の外に出てみると、外の風や風景に興味津々の様子で大人しく香箱座りしておりました。電車の中もへっちゃらの良い子で助かるわ~。狩野は、虐待を疑われる程、激しく鳴くので(汗)
ご実家到着後も、ほぼ猫見知りをすることなく、「勝手知ったる自分の家(実家だし)」状態。皆に混じって夕食をもらおうと2階へあがるも(こういうことは良く覚えてるよね)、帰りの粗相対策で飲食禁止。その時だけは超不機嫌で、ちび猫に当たり気味だった食欲大魔人。ごめんね、ちびーず。

そして、鍋会が始まった後もやってくれます。
テーブルにのった比内地鶏を、一瞬の隙にがぶっと……。
すんごい早業だった(汗)
ひー。みっともないから、やーめーてー!!
何か、乙姫ちゃんのオーナーさんには、いつもこういう所ばかり見られている気がする。
そんなわけで、その後、刺身がなくなり、肉類が全て鍋に入りきるまで強制退去(苦笑)
羅門くんのキャリーの中に押し込められました(笑)

きりたんぽ

どこでもマイペースな猫に育って欲しいとは思っていたけど、上をいくなかなかいい度胸。知らない人にも抱っこしてもらえるようになると、もっといいんだけどね。

そんなわけで、鍋会メインはきりたんぽ。
はなちゃん、くるみちゃん、あずきちゃんオーナーさんご夫妻においしく作っていただき、たくさん食べて飲んで、楽しく過ごさせていただきました。写真? 食べる飲むに夢中で、そんなことは忘れてたのでこれだけ(笑)



綴と同じく里帰りしていた羅門くんは、とても素敵なカラーのハンサム猫くんでした。
猫ダクトに行ってしまったので、少ししかお顔を拝見できなくて残念だったけど、また会いたいな~。
可愛いお転婆さんの乙姫ちゃんも、次回是非会いたいです♪

今回はアルコール摂取の少ない旦那が一緒だったので、帰宅も安心でした(笑)
綴も、ご実家へ遊びに行くと楽しそうなので、また近々連れていく予定。

2011.03.05 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。