上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
基本的にアジア映画が好きなんですよね。
東京国際映画祭のラインナップも、アジアの風部門を真っ先にチェックします。
この作品も、物語の紹介を読んで、是非観よう!と思ったわけです。
何も考えずにチケットを取って、作品も観終わって、「よく出来てる作品だな~」と呟いたところ、隣に座る旦那にひと言「そりゃ、オキサイド・パンだから」と(汗)
主演女優が冴えない、と呟いたら「え?! アンジェリカ・リーだよ?」と隣に……(以下略:滝汗)

え、オキサイド・パン監督だったの?!(全く気づいてなかった←ちゃんと作品紹介を読めよ)
Q&Aに登場した彼女はお人形さんのように美しかった!(やっぱり女優ってすごい←当たり前だ)
でも……何でいまさらコンペなの……?

そんなこんなで、有名なホラー映画「the EYE【アイ】」の監督オキサイド・パンの新作。
(正確には、「the EYE【アイ】」はパン兄弟ですけど)
何とワールド・プレミアでした。

3D上映でしたが、個人的には、3Dがあまり好きではありません。必要性を感じないし、何より目が疲れるんですよね。あのごつい3Dメガネが上映中も気になっちゃうし。
ところが。Q&Aの時に、「何故3Dで撮ろうと思ったのか」という観客の質問に対し、「あと何年かしたら(10年後、だったかも)、そんな質問は出なくなる。むしろ何故2Dなのか?という質問がされるようになるでしょう。モノクロ映画がカラーになったのと同じで」と答えていて、そんなもんか、と。最新の技術で作品を作って届けるのが使命だとも話していました。うーん、そんなもんか(笑)

それはさておき、面白かったです!
血みどろも、こわーいシーンも全くなくて、普通のサスペンス物でした。

主人公の女性(アンジェリカ・リー)は、数年前に夫と離婚した製縫会社のオーナー。仕事熱心な彼女だが、実は過去に娘を誘拐・殺害されるという悲劇に見舞われており、その事件は未解決のままだった。そして、現在は不可思議な夢遊病に悩まされている。本人は夢だと思っている出来事が、実は現実に体験しており、その行動そのものが何かの事件に関係しているのではないかと不安になる。そんな矢先、彼女の元夫が行方不明に。一方、元夫の行方不明を捜査する女性巡査は、いとこの息子が誘拐されており、その捜査も行っていた。夢の中に残された手がかりを、催眠術で掘り起こしていったその先にある真実は……?

やはり3Dである必要があるかは微妙なところですが、夢の中や現実で主人公が彷徨う森の中のシーンなどは、確かに臨場感がありました。別にどうだっていい部分もありましたけどね。

夢遊病って、怖いですね。自分のしていることに自覚がない恐怖。(個人的には、酔っ払っている時も似たようなモノですが:汗) 本当に誰かを殺していてもわからない。でも、証拠は存在していて、それを毎朝目の当たりにしなくちゃならない。うーん、それだけで気が狂いそうになると思うんですよね。

と、そんな感じで、主人公が徐々に(精神的に)追い詰められていく過程に、相当ドキドキでしたが、伏線も伏線らしくわかりやすいので、混乱することもなく観ていられました。

そして、この話もまた、とても切なく悲しい物語でした。最後まで。
もちろんサスペンスとしてのドキドキハラハラみたいなものは当然ありますが、主人公達の痛みが静かに伝わってきて辛かったです。観終わった後の感情としては、韓国ホラーの「箪笥」の時と似てる様な気がしました。もちろん、ストーリーも雰囲気も全然違いますけどね。何となく。

それにしても、アンジェリカ・リーはすごいな。
作品の中では、完全にオーラが消えていて、不幸で苦悩する平凡な女性なのに、実際は、それはそれは美しくて。でも、ちょっと透けすぎのワンピースは微妙でしたけどね……。

こちらは、普通に公開されるかもしれないなー、と思ったり。
強烈なインパクトがあるわけではないけれど、それなりに楽しめた作品でした。
スポンサーサイト

2011.10.31 
東京国際映画祭1本目。
映画祭そのものでも、これが最初の上映作品でした。
前評判も高かった様で、先行抽選には外れ、ぴあの一般発売は瞬殺。
旦那にローソンチケットで何とか1枚取ってもらいました。

結論。
観ることが出来て、本当に良かった。
1本目だったけど、もしかすると今回の映画祭で個人的にはベストになるかも、という予感を感じるほど。愛しくて切なくて、決してもう手にすることが出来ない、とてもきらきらして眩しいものを感じられる、素敵な青春映画でした。

台湾では著名らしい作家、ギデンズ(九把刀)の自叙伝的な小説を、本人が監督し映画化したもの。悪ガキ5人組(悪ガキっちゅうか、単なるおバカ:笑)と優等生のクラスメイト(とその親友)の学生生活や、淡い恋とその終わりまでが描かれています。

とにかく悪ガキ5人組がもう本当におバカで!(アホというべき?!)
彼らが繰り広げる行動ひとつひとつに大爆笑の連続です。
もちろん誇張された描写も多々あるわけですが、何故か「あったよね~」と心から思えるもの。
下ネタ満載で、正直なところ上品とは程遠いのに、どれもこれも微笑ましく、幸せな気持ちになってしまう不思議。

今となってはリアルではないけれど、過去の自分達にはリアルだった時間を、感情を、とても丁寧に描いていて、感情移入もすんなりとできる。優等生の少女は、ヒロインにありがちな可愛さだけではなく、ちょっと鼻もちならない感じもあり、そんな彼女が悪ガキ達と本当の仲間になる瞬間などは、羨望に似た感情を覚えたほど。観ている間、スクリーンの向こうの彼らと一緒に笑ったり、痛みを感じたり、とても楽しい時間を過ごせました。ステレオタイプな青春物語といえば勿論そうなのですが、もっと違う何か(すみません、具体的な言葉にできない)を感じる作品でした。

悲しい結末が待っているとか、そういうわけでは全くないのに、終盤になって泣けて泣けて。話が終わってしまうのが寂しいという気持ちもあったのかな。それは、自分がもう戻れないということを改めて感じたからなのか。涙を拭いながら(ちょっと恥ずかしかった)、劇場を後にしたわけですが、実は同じような人をちらほら見かけました(笑) 私だけじゃなかったのね。

ところで、登壇者(ゲスト)は誰もいないと思っていたのに、当日は監督と女優・俳優が舞台挨拶に立ってくれました。主演の二人も素敵だったけれど、特に監督がチャーミング。サービス精神旺盛で、色々と人々を楽しませようとしている姿勢も好感度大。(ドラゴンボールの作者と同じ空気を吸っていることに感動している、とのことでした:笑) 本当に秋葉原大好きみたいで……日本滞在を楽しんでいる感が漂ってました。

エンドロールが流れ始めた瞬間、後ろの方から「ありがとう!」という声が。観客かと思ったら、何と監督本人。とても嬉しそうに何度も何度も客席に手を振っていました。何か、その姿を見たら、また涙が……(笑)

公開されることがあるかは分かりませんが、もしもされたらオススメします。
上映時間めいっぱい楽しめます。
もう1回観たい。DVDも欲しい。なので、是非とも公開を~!!
あと、小説も読んでみたいかな。
映画としての評価はどうなのかわかりませんが(賛否わかれそう)、次監督作があるのであれば、また観てみたいと思います。

それにしても、中国語が理解できる方の何と多いことよ。
監督が話すのを聞いて、通訳前に笑い声が沸き起こると、やはり少々羨ましい気がします(笑)

--------

現時点において、個人的に良かった!あるいは楽しかった!と思える作品は、これと、オキサイド・パン監督の「夢遊 SleepWalker」の2本。(ナ・ホンジン監督「哀しき獣(原題:黄海)」もすごかったけど、血みどろモノは苦手なんで。じゃあ、何故観るんだ!という話もありますが:汗) 今後、増えるかもしれませんが、良かった!と思うものしか、今回は長い感想は書かないかもしれません。(いや、誰も読んでないけど:笑) いずれにせよ、今年は本数が限られるので、社会派だったり、テーマが重厚だったり、というような方面での良作は選択していません。観て楽しそうなもの優先……(疲れてるんで:苦笑)

何にしても、今年は彭浩翔(パン・ホーチョン)監督が不在なのが寂しい限り。
……と思っていたら、とあるサイトで来日しているらしいという情報が。
旦那に伝えたところ、「日曜日に目撃した。多分本人だと思う」って(爆)
あらら。作品持ってきてくださいよー(泣)

2011.10.27 
ブログを散々サボっている間に、随分と秋が深まってきたような気がしますが、皆様如何お過ごしでしょうか?(笑) それでも、まだまだ薄着で眠っているワタクシでございます。さすがにここ数日は、毛布を足元に置いてますけど(←でも使ってない) というか、昨夜は妙に暑くてエアコンつけました(汗)

さて、今月の初めには、CatCafeRIENさんにて、恒例の「BarLOYD」に参加してきました。
相変わらず皆勤賞です(爆)
が、この話は、また後日。
すぐに次の「BarLOYD」がやってくるんじゃないかという話もありますが、今週は多分厳しい(後述)
いや、もっと前に書いておこうよという……。

そんなわけで、しばらくあまりやる気もなく、うだうだと過ごしておりましたが。
ひとつ前の週末は、飲み会三昧(汗)

金曜日:
どうしても火鍋が食べたくて、旦那とふたりで巣鴨の「小尾羊」へ。
どうも旦那は、この店と相性が悪いらしく、お腹の調子が悪くなるので、あまり気が進まないのは承知しているけれど、もう、どうしても、という気分だったので(笑) あ、ちなみに私もお腹をこわしました。だって、辛いもん(笑) でも、また行くよ!

土曜日:
急遽自宅で友人達と宴会。
基本、私が作る料理(というか、おつまみ)と友人が作る料理の持ち寄り。
ヘルシオさんが頑張って作ってくれた、牛肉の塩がま焼き、友人達に好評でした。本当は牛ロースのかたまりを使うらしいけど、近所のハナマサに売ってなかったので、今回は牛もも肉を使用。塩がま焼きと言いつつ、途中で塩がまが一部割れちゃったんですけどね。塩がまから取り出して切ったら(薄く切るのが下手なので友人にやってもらいました:笑)、単なるローストビーフ状態でしたが、おいしかったです。(800グラムがペロリとなくなりました:汗) やるな、ヘルシオ!

お酒は我が家の冷蔵庫に入れておくと、勝手知ったる友人達が自分で出して飲んでくれるので、お気楽です。あとは、飲んで食べて喋って、食べて飲んで飲んで喋って……で、気づくと布団の上です(滝汗) 途中で、2品くらい追加して作った気がするけど。翌日起きてキッチンを見たら、かなりきちんと片付いてました。友人がやってくれたのか、酔っ払いつつ、自分もやったのかは謎。

日曜日:
前日にウチへ忘れ物をしていった友人に、その忘れ物を渡す為に、夕方から巣鴨。
本当は大塚でタイ料理という気分だったのに、お店が満員で泣く泣く巣鴨に戻りました。
で、そのまま夕食。
途中、もう1名合流して、日曜日だというのにしこたま飲んで……飲み過ぎて、翌月曜日は久しぶりの二日酔いで撃沈。仕事が辛かった(反省) どうにもならず、お昼休みに薬局行って、二日酔いに効く薬を飲みましたよ。その後、ようやく落ち着いたという。いやはや、何年ぶりだろうな~、こういうの。記憶はなくしても、二日酔いはなかったので。勿論、昔はよくあったけど、最近では珍しく、だから余計ダメージが大きい(汗)

さすがに「しばらくお酒は見たくない~!」という気分で、先週はお酒を控えてました。
(でも、火曜日と金曜日の夜は、少しだけ飲んだんですが←ダメダメです)


さあ、そうこうしているウチに、22日から東京国際映画祭が始まりました。
今年は、23日の日曜日は出社で、かつ平日に休むことも難しいので、例年より観る本数は少なめ。平日夕方~夜の部を観ることが多いので、帰宅時間も遅く体力勝負ですが、とっても楽しみ。1週間頑張ります!!
(が、昨夜が既に24時半帰宅で……:笑)

2011.10.24 
昨夜は後輩の送別会で、結構飲んだので、今朝は若干眠たかったのですが。
瞬時にすっきりしてしまいました。

「遠くない未来に、この日が来るかもしれない」という予感がなかったかと言えば嘘になりますが、56歳で逝ってしまうのは、かなり早過ぎですよね……。残念です。

私は、「iPod」と「iPhone」と「iPad」を持っていますが、流行に乗っかった普通のユーザーなだけで、特にAppleに思い入れがあるわけではありません。Macを買おうと思ったことすらないですし。

ただ。
随分と昔(まだ学生だった頃)、当時付き合っていた大学院生の研究室にNeXTSTEPのPCがあり、そのデザインやOSのアイコンがあまりにも可愛く、ものすごく気に入っていたことを今でも覚えています。まだWindows3.1が出るか出ないかで、大学の情報処理の授業でも、DOS画面でコマンドを入力していたような時代です。今よりもっともっとコンピュータ関連に疎かった私には、あのPCは衝撃的だったんですよね。それを見て、私もパソコンが欲しいと初めて思ったわけです。もっとも、買ったのはWindowsマシンでしたけど(笑) あれから、20年たつかたたないかでここまで環境が進化するとは想像もつきませんでした。

特に思い入れはなくても、今回の訃報を知って、うまく言葉にはできないけど「何かひとつの時代が終わったのかも」という寂しい気持ちや、今後のAppleの製品戦略はどうなるのかとか、色々と感じたり考えたりすることはあります。

しかし、社内で誰もこの話題を出さないので、後輩に話題をふってみたところ、以下のコメント。

後輩A:私はApple製品ひとつも持っていないし、全く興味ありません。ふ~ん、って感じ。
後輩B:お金がいくらあっても、死んでしまってはね……。

……え、えと。
後輩Bよ。大事なのは、そこ? そこなのか?!(爆)
後輩Aに関しては、まあ、一般的な感想だとは思います。
ただ、一応コンピュータがらみの仕事をしているので、少しは興味を持ってくれてもと思うのですが、あまり世間の動向には興味がないようです。

その後、上司にこの話をしたところ苦笑していました。「面白いよね」と。
確かに、ある意味興味深い気もしますが。
(かくゆう彼も、iPhone4Sよりも、新しいkindleの方に興味の対象があるようです:笑)

何はともあれ、ご冥福をお祈りします。
そして、今後のAppleの動向は、やはり気になってしまいますね……。

2011.10.06 
先日参加した「密室型リアル脱出ゲーム 第一弾 謎の部屋からの脱出」で、箸にも棒にもひっかからず惨敗してから数週間。その悔しさをバネに、リベンジするべく再び参加してきました! 

今回は「リアル捜査ゲームvol.1 よみうりランド園長誘拐事件
会場はもちろん「よみうりランド」 初めて足を踏み入れました(笑)
いやいや侮ってましたけど、かなり本気の遊園地なんですね。
折角だからと、駅近くから乗ったゴンドラは、意外と怖くて、落ち着きませんでした。
(何せ決して新しいとは思えないので、余計な心配が頭を……)
ゴンドラから見下ろす園内は、これまた絶叫系とおぼしきジェットコースターも結構あったりで、ひとしきりおのぼり状態で眺めていました。

さて、肝心のゲームですが。(ええと、もちろんネタバレはありません:笑)
誘拐された園長を、制限時間内に見つけ出す!というストーリー。
広い園内を右往左往しながら、歩いたり、イスに座って整理したりしながら、制限時間内みっちりと楽しみました。身体だけじゃなく、頭も使った、って感じ。そしてそして結果は……。

じゃじゃーん! 見事事件解決!!(制限時間5分前:笑)

受付前で即席チームを組んで下さった方々にも、一緒に参加した旦那にも、いっぱいいっぱい助けていただきました。誰かがひとつ閃くと、思わず「さっすが~!」と口をついて出てしまうんですよね(笑) 相変わらず核心的なところで力にはなれなかったけど、前回の密室に比べたら、身体を使って歩き回った分だけ、何かをしたような気分になりました(笑) やはり経験もかなりモノを言うんだなーと、しみじみ。(あ、いや、私の前回の経験なんて、全く役立たずですよ。もちろん:笑)

二人組の参加者の方もちらほらみえましたが、これまでの参加者の方のブログなんかを読むと、チームを組んだ方が絶対良さげだと思ったので、何とかチームが組めて良かった。しかも、本当に良い方達で(涙) ありがとうございました!! こんなに楽しくできたのも、チームのおかげです。

ところで。
私達が参加した回は、かなり全体的に成績が良かったみたいで、参加者のだいたい半分弱が捜査成功してました。他の回だと1組だけとかもあった様子で、もしその1組ならば、かなりドヤ顔できるだろうな~とか思いましたね(笑)

さぁ、次は年末の「リアル脱出ゲーム×コーエーテクモゲームス 終わらない合戦からの脱出4番ファースト織田信長?!
今度は、ねこともさん方にも声をかけて皆で参加してみたいと思います。発売されたらチケット取らなくちゃ(笑)

あー、それにしても、本当に疲れた。体力も頭も限界状態。
出来るなら若い頃にやりたかった……(爆)
ゲームが終わって、新宿まで戻り買い物して食事して帰宅して、ソファに少し横になったら、もう次に立ち上がる時には歩くのがしんどくなっていて、我ながら苦笑。もう少し何とかしろよって感じです。でも、充実した午後でした。ぱたんと眠れそうです。

2011.10.02 
Cat
先週の日曜日は、綴を連れて、彼女のご実家「CatCafeRIEN」さんへ行ってきました。
尻尾も良くなってきてるし、兄弟のフレイくんとパールくんが共に里帰りされるとのことだったので。

キャリーの中では本当に手のかからない良い子な綴さんですが。
着いて早々、せっかく慣れてきていたパールくんをパンチで怖がらせてしまいました。
本当にごめんね(謝) 乱暴なお姉ちゃんで。

綴さん、反省してる?!
「一応ね~」
一応ですか……。

でもすぐにまったりモード突入。ぜんっぜん反省してないでしょ、あなた。
パールくんは別室に籠ってしまったのに、あなたという猫は……ありえません(溜息)
「ふふ~ん」

まさか、だんだんママに似てきた?!(怖)
おそらく前回連れてきてからちょっと間が空いたので、怖かっただけだと(思いたい:汗)
基本、そこまで攻撃的な性格はしてない様に見えるし、本当は遊びたいんだけど、最近、猫をかぶるようになっちゃって(かぶらなくても猫なのに:笑) ちょこちょこ、連れていくしかないかな。

さて、相変わらずRIENさんは仔猫山盛り。
思わずよだれが出そうな可愛さです。
ぎうぎう

「お外に出たいよ」

「あごやすめだにゃ」

そして、相変わらず美しいレオンくんも里帰り中。
ほんっとうに綺麗。
いつも美しいレオンくん

天井には、ハンモックにてへそ天で寛ぐ上級ハンモッカーも。
上級ハンモッカー

さて。
3姉弟ショットは、バカつづりんがパールくんを脅かしたせいで実現不可。残念(涙)
フレイくんが、パールくんのそばに行ってくれて、兄弟でパチリ。
フレイくん&パールくん

不機嫌つづりんのところにも、パールくんが来てくれて、姉弟でパチリ。
フレイくん&つづりん

綴が、もうちょい良い子になったら、また一緒に写真をとってねー>パールくん
来週も綴を連れて里帰りかなー(笑)

2011.10.01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。