上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
久々に見たよ、サンドラ・ブロック。個人的には、ジュリア・ロバーツと印象が被っちゃうんだけど、それは何故? やっぱり顔のエラかなあ。あ、そうでもない?(笑)

平凡に生活していたはずの主婦に、ある日突然理解不能な状況が。
訳のわからない留守番電話、夫の死。亡くなったはずの夫が今日は生きていて、隣で眠っている。一体どうなっちゃってるの? 周囲からは、精神的な病だと心配されるが、次第に彼女は状況に気づいていく。曜日がシャッフルされて、自分に訪れているのだと。
それならば、このままならば亡くなってしまうはずの夫を、自分はまだ助けることが出来るかもしれない。彼女は、行動に移すのだが……。

過去に遡って未来を変える話って、ちらほらあるけれど、最近私の記憶に残っているこの手の話って、あまりハッピーエンドのものがない。大袈裟に言えば歴史を変えてはいけないという意識が働いているのか何なのか。
いやはや何とも皮肉で切ない話。夫の浮気(未遂)や倦怠期(?)のすれ違いなんかを乗り越えたにもかかわらず、その努力や愛情がかえって悲しい結末へと続いていくという。

仕方ないことだけど、7日間というのは映画で見ていると少々飽きてくるね、途中から。
未来は変えることができるのか、という部分で引っ張れるんだけど、もう少しテンポが良かったら最後までぐいぐい見られたかもしれないんだけど。でも、嫌いじゃないかな、この話。もちろん、見て幸せな気分で映画館を後にはできないけれど。

シャッフル
関連記事

2009.03.10 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。