上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
微妙なストレスのせいか、週末に暴飲暴食した結果、何となくお腹の調子が……な月曜日でございます(汗) けど、ストレスは日常的なことなので、だからといって普段と何かが違うわけでもないので、暴飲暴食は自業自得。

さて、この週末は、結構自室に篭ってひとり遊びに興じておりました。
明け方まで、DVDを観たり、BL小説を読んだり、BL小説を読んだり……(以下略)
久々に空が白んでくる位まで、うだうだと起きてた。
でもやはり、学生時代や、その昔、新宿二丁目で飲んでいた頃(要するに若かった頃:苦笑)のようにはいかない。体力がついていかないっす(涙)

観た映画は、以下の2本。

ダーリンは外国人 [DVD]
ダーリンは外国人 [DVD]

漫画は読んでいたので、何となく気になっただけ。
まあ、予想はついていたけど、可もなく不可もなくの作品。



ゴールデンスランバー [DVD]
ゴールデンスランバー [DVD]

作品に対する評価というのは、当然だけど人によって変わる。
何が心をうつのかは、他の人にはわからない。
だから、人の評価を鵜呑みにしちゃいかんのだ。
……ということを、再確認した作品。

公開当時、気力がなかったのもあって、ネットでの評判を見て、「見なくていいか」とスルーしたのだった。結論から言うと、観ておけば良かった。

何と言ったらいいのかな。
懐かしさと切なさでぐっときた。
過去を眩しく眺めているわけではなくて、時が過ぎた現在の物語。
もっともこれは架空のお話だから、こんなことが現実で起こることはない(と思う)けど、時がたってもこんな風だったらいいと祈らずにはいられなかった。大事だと思う人が、同じように自分のことを大事に思ってくれますように、と。

自分におきかえてみて。実は、ちょっと諦めてたんだよね。
疎遠になっていく一方だって。でも、どんなに疎遠になっている気がしても、信じる気持ちは変わらないのかもしれないって思った。何年会わなくても、それはきっと。
ま、そう信じたいだけなのかもしれないんだけどね(笑)

観て良かった。
色々書かれてたけど、私としては、とてもわかりやすい映画だったよ。うん。

読んだ小説の話はまた次回あたりにでも。
関連記事

2010.10.18 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。