上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
初日は、グリーンカーペットしか観に行っていないので、実質的には1日目。
(グリーンカーペットの写真等は後日~)
食事の時間が適度に取れる素敵なスケジュールだった。


「ハンズアップ」

想像していたよりも、ずっと重たい話だった。
周囲に移民のいる状態というのを、実感として感じることができないので、理性等、頭では理解できるけれども、本当に心を打つかといえば実はそうではない自分がいる。勿論、似たような何かは日本にもあるのだろうけれど、問題意識として捉えることが難しい……。

感動が全くないわけではない。
でも、どこか遠い国(本当に遠い国だけど)のお話になってしまっていて。
良くないのかもしれないけれど、やはり自分の周囲半径いくばくかが私の世界だから。
無関心なわけではなくても、どうしてもそうなってしまうのです。すみません。


「ジュリエット」

「ジュリエット」をテーマにした3話オムニバス。
脳性麻痺の少女の恋心と女性の怖さを感じる第1話。
失恋直後の女性が、ひょんなことから知り合った男性の過去の恋を振り返る第2話。
どちらもなかなか暗くて深くて、こちらも想像していたより重たかったのだけど、それらを全てふっとばす第3話が秀逸!

上映後のQ&Aで、作品を初めて観たというビビアン・スー(第1話に出演)が、「おいしいところを全て持っていかれた!(笑)」と語ったこの第3話。誕生日を控えた彼女いない歴40年の中年男性が自殺しようと森に入るも、次々とトラブル(?)が起き、彼は自殺をすることができない。彼の未来はどうなる? てな話。文句なく楽しかった!! 登場人物それぞれがキャラたっていて、「ジュリエット」という言葉から何故こんな話を思いつくのかと……。

それぞれがかなり独立した話なので、どれも長編にできそう。
でも、前2話は、長編にされたら、真っ暗な気持ちになりそうだなあ。


「ハイソ」

タイ映画。昨年はスケジュールが合わなくて、見損ねたので今年は、と。
上流階級というか富裕層の人間と、そうでない人間の間の揺れる感情を描いた作品、かな。嫌いではないけど、若干退屈。登場するヒロインが勤めているのが映画の配給会社(?)で、そのオフィスに私の大好きなタイ映画「ミッドナイト、マイ・ラブ(チュム)」のポスターが貼られていて、それだけが何か嬉しかった(笑) 今だに公開して欲しいと思っている私……。

Q&Aで、「商業映画とは思えない」という感想があがっていた(笑)この作品、数年前に映画祭で見て、「救いが全くなくてひでえ結末!」とがっくりきた作品と同じ監督だった。思わず納得。前回よりはわかりやすかったし、真っ暗な気持ちにならずに済んだ。でも、公開は絶対にないな。人、入らないもん、明らかに(笑) タイでは公開されてるんだろーか……。


「ズーム・ハンティング」

台湾発のミステリー。普通に面白かった!
自宅ベランダから風景写真を撮っていたカメラマンの女性が、偶然向かいのマンションで繰り広げられる不倫の風景を撮影してしまう。好奇心で始めた追跡が意外な展開をみせていく……てな話。

実は、珍しくないと思われる事柄が題材なだけに、ハラハラ。
カメラマンと小説家の姉妹ってのが、珍しくないかというのは別として(笑)
人が死んだりとかそういうことが起こるわけじゃない(と思う)けど、怖いんだ。
不倫相手の男の奥さんが、そして女性の姉さんが。

いやぁ、自分で言うのも何だし、ありふれた言葉だけど、女って怖いね。
関連記事

2010.11.05 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。