上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
仕事が山場でトラブルもあって、さらには体調も崩した為、4日目、5日目に見たかった夜の作品は全てキャンセル。すごくショックだった……。


「ジャック、舟に乗る」

期待していたんだけど、ちょっとイマイチ。
このフィリップ・シーモア・ホフマンは、あまり好きじゃないかも。
作品そのものも何か散漫な印象で、集中できずに、途中ですやすや眠ってしまった(汗)
びみょーな作品。


「恋の紫煙」

毎度お楽しみのパン・ホーチョン監督の作品。
今回の映画祭、微妙な作品が多かっただけに、「やっと楽しい♪」と思えた作品。

喫煙所で生まれるロマンスがテーマなんだけど、喫煙所での会話や時折挟まれるインタビューが面白い。
私はタバコを吸わないけれど、こういうのはあるかもね~と。

来年もこの監督の作品、上映されるかな?


「エッセンシャル・キリング」

ただひたすら雪の中を逃げる男の物語。
これだけで83分もたせるのはすごい(笑)

生きる為に人を殺し、木の皮や毛虫を食べる。
時折挟まれる回想で過去の彼が少しだけ垣間見られるのだけれど……。
そこまでして逃げて生きようとした彼だけれど、捕まっていた方が良かったのか、それともこれで良かったのか。

すごいとは思ったけれども、正直良くわからなかったんだよね(汗)
どうも苦手。この手の作品。
関連記事

2010.11.05 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。