上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
今年のGWは、珍しく私が6連休!
夫婦で「どこか行きたいね~」という話をしつつも、相変わらずうだうだしていて決められず。
台湾へ行くか、国内の温泉に行くか、勝手知ったる愛知や京都・大阪、はたまた奈良に行くかで悩んだ結果、結婚前にも行った伊豆は下田の温泉旅館へ行くことに。既に28日か、29日かというギリギリの決定。

旅館を決めるのにも一苦労で、私は客室露天風呂付きを希望。旦那は、部屋食を希望。
そりゃあ両方付いているのが一番だけど、それこそ大変なお値段になるし。
前回行ったホテルは両方とも付いていたけれど、今回はすでに空きがないし。
途中で投げ出しそうになりながら、結局、客室露天風呂付きのお部屋に決定!
一応、1週間遅れの結婚記念日のお祝いということで、申込み時にとりあえずその旨を明記(笑)

さて。ギリギリに決定したこともあり、問題は交通機関の確保がまた悩みどころ。
GW中に復活していた踊り子は、かなり本数が間引きされている為か、既にほとんど満席。
何とか乗車券・特急券を確保し、途中普通列車に乗り継ぎながらの往路となったけれど、伊東から乗った普通列車が面白かった。座席が窓に向かって平行(でもないんだけど、だいたい)に並んでいて、風景が楽しめるようになっている。特急列車も早くていいけど、こういうのもなかなかいいね。

到着した旅館では、部屋がアップグレードされていて(何と90平米)、あまりの広さにぼうぜん。
広いのはいいけど、広すぎてむしろ寂しい。(マッサージチェアもあったよ)

部屋の入口
旅館の部屋の入口

和室側
旅館の部屋その1

洋室側から奥のベッドルーム
旅館の部屋その2

でも、お部屋の露天風呂(こちらもちゃんと温泉)はとても気持ち良かったし、館内にある足湯からは広いお庭が眺められて、池には鴨の夫婦がすいすい泳いでて可愛いかった。昼間には、カメが岩の上で甲羅干ししてるし。今回の客室露天風呂はとても入りやすかったので、2泊の間にかなり入った。大浴場には1回しか行かなかったくらい。朝、目覚めてお風呂に入るとね、庭の鴨が朝の散歩ついでに部屋の敷地内にご挨拶に来るの。ホントに可愛い~!

昼間の客室露天風呂
昼間の客室露天風呂

夜の客室露天風呂
夜の客室露天風呂

つがいの鴨。営業部長らしい。
旅館の営業部長ず

すいすい泳ぐ鴨
すいすい

亀の甲羅干し。2日とも午前中には甲羅干ししていた。
亀の甲羅干し

足湯
夜の足湯

1日目はあいにくの雨だったけれど、翌日は良いお天気に。
下田の町で昼食を食べて、その後、旅館の近所を散策したり。

映画「バーバー吉野」の外観撮影で使われた理容室
バーバー吉野の理容室
たったこれだけの事で、テンションのあがるウチの夫婦。
やたら写真を撮りまくっている私達に気を遣って、道路を通るのを待ってくれていた地元の方、すみませんでした(汗)

下の湯権現
下の湯権現

源泉
源泉
湧き出る温泉。触ってみたら、かなり熱かった。当たり前か。

村山邸
村山邸
吉田松陰が匿われていたという家。湯治もしたそうな。

解説
村山邸その2

のんびりお散歩した後は、貸切状態の大浴場に入り、その後、部屋の露天風呂。
用意していた本もきっちり読み、持っていったiPadで旦那と将棋をしたり、オセロをしたり。
本当にのんびりしたー。何もする気がおきなくなるもんね。温泉入ってると。

食事も、あわびや伊勢海老を焼いたり、お造りもたっぷりで、もうお腹がはちきれんばかり……。

2日目の焼き物
2日目の夕食焼き物

大量のお造り
2日目の夕食お造り

部屋ではお風呂に入りながらアルコール摂取したりで、結果、チェックアウトの朝にはお腹を壊しました。ええ。
恥ずかしながら旅館からお薬をいただき、ようやく落ち着く始末。恥ずかしい(涙)

そうそう。
結婚記念日のお祝いに「みかんワイン」をいただいて、とってもおいしく飲みました。

お留守番の猫達ですが、綴はご実家で3泊4日の合宿。
狩野は、昔から2泊3日位のお留守番は私の出張で慣れているので、綴のいないお部屋でのんびり。
のはずだったんだけど、帰宅したら狩野の声が少々枯れている気が。
寂しくて鳴いてたのかな……? とも思ったんだけど、やはり綴が戻ってくると、超不機嫌に教育的指導をしているから、良くわかりません(苦笑)

旦那と旅行って滅多にない(旦那の中の優先順位的に旅行は低い)のですが、次回、私が休みがとれたらマイルで香港(多分。状況によっては台湾)へ行く予定。さて、マイルが切れる前に休みが取れるか?!
関連記事

2011.05.08 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。