上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
日曜日、久々にTSUTAYAへ行って、DVDを借りてきました。
「ハングオーバー」が観たくて(笑)

ハングオーバー! [DVD]
ハングオーバー! [DVD]

他にも色々と観たいものがあったので、重たいもの軽いもの織り交ぜて借りてきました。
借りてきたのは以下。

パーティは終わった」(レンタル専用DVDらしい)

オムニバスですが、1本に林遣都が出ているので(笑)
BeeTVがスマホで観られなかったので、リアルタイムでは観たくても観られなかった。
個人的にはかなり楽しみにしてます。単にミーハーなだけな1本!


川の底からこんにちは [DVD]
川の底からこんにちは [DVD]
旦那、オススメの1本。
満島ひかり出てるし、話の内容も面白そうではある。
相当プッシュされているので、とりあえず(笑)

ラッシュライフ [DVD]
ラッシュライフ [DVD]
えーと、これはその堺雅人が出てるので(またか!:笑)
正直話の内容は良く知りません。原作読んでないし。
でも、伊坂原作作品は、どれもかなり面白かったので、これもそれなりに期待してます。

パレード (初回限定生産) [DVD]
パレード (初回限定生産) [DVD]
えーと、えーと、林遣都が……(もう言うまい:苦笑)
かなり重たそうなので、観るのに気合がいるかな~。

そして、これ。これだけは昨日観ました。
君に届け スタンダード・エディション [DVD]
君に届け スタンダード・エディション [DVD]
原作の漫画は未読ですが、実に爽やかなお話でした。
性格も良く、まっすぐで素直な女の子だけど、ちょっと暗かったり引っ込み思案な主人公。周囲とうまく溶け込めなくて、友達と呼べる人もいない高校生活。けれど、次第に理解してくれる友人達が出来て、学生生活や恋にも向かっていくという、「ザ・青春」といった物語。

まぁ、漫画だし映画だからいちいち突っ込むのも申し訳ない感じですが(笑)、登場人物達が結構心が強くて、こんな16歳、そうそういないよね、というか。男は爽やかすぎるし(笑) けれど、人間の善意がこんなに前面に押し出されたり、そのまっすぐな気持ちが必ず誰かに届くとか、そういうのってちょっと癒されるかもしれません。何せ現実では微妙ですから。そして、そうやって思うことそれ自体が、斜に構えてしまっている証拠のようで少々落ち込みますね(苦笑)

でも、まっすぐな気持ちを、まっすぐに向けて、受け入れてもらえるって眩しいことだな、と。
自分の高校時代を思いおこしてみても、別にそんな悲しい恋愛ばかりしてきたわけではないけれど、そこまでまっすぐな恋もしてないというか、想ってた人にまっすぐ想われたこともないかなー、とか(苦笑) まっすぐ想ってくれる人を好きになれなかったというか。

要するに、ちょっと羨ましい映画だったわけです(笑)
もちろんハッピーエンドで終わった(映画で描かれない)この先に色々待っているわけなんだけど、あえてそこは考えず、純粋に指をくわえて観てました。あらゆるシーンについて悶えながら観ている私を眺めながら、(既に映画館で観た)旦那は苦笑しておりました。


借りてきたものは、1週間かけてちびちびと観る予定ですが、時間があれば感想を後日。
え? 肝心の「ハングオーバー」がない?(笑)
たどり着く前に結構な数を邦画でピックアップしてしまったので、今回は諦めました。また後日。
(何のために行ったんだ:笑)

あと、映画館も行かなくちゃ。
とりあえず大泉洋が出てるから、「探偵はバーにいる」を。
それから、「ラビットホラー 3D」かなぁ。
正直、ホラーは苦手だし、3Dの映画には否定的なんだけど、撮影監督がクリストファー・ドイルだって知ったら、どうしても観たくなっちゃって。この動機に苦笑する人も多そうですが、好きなもんは好きなのです(笑) 
他にも観たいものはたくさんあるけど、ほとんど映画館に今年は行かないまま、映画祭シーズンに突入しそうです。うーん、来年あたりは映画館にも復帰したいなぁ。どうかなぁ。体調と応相談。

……しかし、このエントリーだけ読んでると、完全にミーハー趣味だと思われるな(爆)
関連記事

2011.09.20 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。