上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
小沢健二のライブに行ってきました。
現在、そこまで目立った活動を継続的にしていない彼の情報は、時折しか収集しておらず、今回のライブを知ったのは、一次抽選の結果が発表された後でした(笑) 前回2010年のライブは、前から数列目という良席で、直近の運を使い果たした感じでしたが、それで気が抜けたのかもしれません。というか、こんなに早く(?)次があるとは思っていなかったというのが正しいかも。

第二次では無理かもしれないな~と思っていたのですが、旦那のお友達が速攻で骨を折ってくださったので、何とか観に行くことができました。ありがたや。

会場は東京オペラシティのコンサートホール!
そもそもオペラのコンサートホールなんて、足を踏み入れることがないわけで。
おそらく最初で最後だろうな、と。
会場が会場なだけあって、チケット代も笑っちゃうお値段でしたが、座席も2階席前列でなかなか眺めも良かったです。

アコースティックな感じで、全ての曲のアレンジが変わっており、それはそれで楽しめました。私の一番好きな曲(『ある光』)をフルレングスで聴くこともできて非常に満足(笑) 終わってみれば、22時。18時半開演だったので、みっちり3時間半。長いような短いような、あっという間のライブでした。

それにしても、「お金をかけると良いものができる」(正確ではないですが、だいたいそんな意味)とは小沢健二の言葉ですが、まあ、それはそうですよね(苦笑) チケット代にしろ、作品集の「我ら、時」にしても、ほいほい払える金額ではないのは確か。ファン層の大半が、ある程度の額ならそれなりに趣味へつぎ込めるような雰囲気だからこそ、なのでしょうが。

随分昔に、「水曜どうでしょう」の大祭が札幌であった時、とにかく物販が売れに売れている光景を目にしました。お金を自由に使える客層を相手にするというのは、怖いことだなぁ、と思いましたね(笑) 「水曜どうでしょう」がまだ放送している頃には学生だったファンも、祭の頃には立派に社会人ですし。金曜日から参加していた私達、スタッフサイドの方に「どこから来たの? 何、東京? おまえら平日から何してんだよ。働け!!」と言われたことを思い出します(笑)

ああ、何か話がそれました。
とても楽しかったのですが、開演直前に会社から電話がありまして……。
上演中、ずっとそのことを考えていたので、少し損した気分でした。
次回があるなら、もうちょっと心穏やかに心から楽しめることを祈ります(笑)
関連記事

2012.04.04 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。