上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
Cat
すっかり暑くなりました。
昨日は、1歳になったばかりのかなたんを連れて、RIENさんに里帰り。
ガッツリ作った保冷剤をキャリーに入れたら、帰り着くまで、キャリー内ひんやりでした。

実は、結構ビビりな彼女。
初めのうちは隠れたり、素晴らしい(?)へっぴり腰でしたが、そのうちお客様に遊んでもらえる様に。

案の定、往復ともに粗相なし。
遊びに行くことだけは分かってるんだもんなぁ。
今度は朱夏も一緒に連れて行こうか。
大好きな朱夏っちと一緒なら、移動も苦じゃないかもだしね。

しかし私ひとりでは、朱夏と2頭はなかなか~。
朱夏っち、まだまだ成長中で。ええ、横にですとも(笑)

さて、その朱夏っちです。
昨シーズンのアワードの結果が、随分前に発表されておりました(汗)


TICA RW SGCA RIEN SYUKA
2013-2014 Asia 4th Best Alter of the year
2013-2014 Asia 2nd Best Norwegian Forest Cat Alter of the year



要するに、アルター(避妊去勢猫)クラスにおいて、アジアの全猫種の中で4位。
それでもって、同じくアルタークラスアジアのノルウェージャンで2位でしたよ、という結果です。

朱夏っち、本当によく頑張りました。
頭がお花畑(全部食べ物で出来ていそうだけど)の朱夏っちでも、さすがに最後の方は、うんざりしていたかと。
でも、会場に着けばいつも良い子で、一度たりともシャーフーしたことのない子です。
朱夏っちじゃなければ、私も頑張れなかったよ。
いつもおっとり穏やかな彼のことを、私は尊敬していたし、密かに自慢に思っています。

お父さん猫、お母さん猫、幼少期を仲良く一緒に過ごした兄弟猫、しっかり教育的指導をしてくれたRIENのお姉様猫達。朱夏っちを可愛がってくれる猫友達、そして何よりブリーダーさんのおかげで、今の彼がある。
本当にありがとうございます。

そして、そんな彼を評価してくれたジャッジの先生にも感謝します。

というわけで、今は小休止中で、ごろごろとお腹を見せてお気楽平和に暮らしている朱夏っち。
かわりに、綴とかなたんが、時々ショーに付き合わされている今日この頃ですが。
でもやっぱり、もう少し緊張感がないと、デブになるよ、朱夏っち……。

ちなみに、インターナショナルのノルウェージャン(アルター部門)では5位。
3位までしか、表彰対象にはならないので残念でしたが、何というか、今年の(アジア)アルタークラスのノルウェージャンは激戦でした……(遠い目)
熾烈な争い?(笑)っていうか。
(何せ全猫種の中で上位10位以内に、5頭ノルがいる。あ。アジアのアルタークラスで、ですが)
皆、素敵な猫ちゃん達でした。
もう会えないのかなぁ、と思うと、少し寂しくもあります。

しかし、ノル、流行ってるんですかね?
アジア(というか、日本)は勿論、それだけじゃなくて。


おまけ:

さっき記載した朱夏っちの名前の頭に、色々ごちゃこちゃと単語がついてますが、ちょっと解説(笑)

TICA:
ショーを主催している血統団体の名称
(大きな所では、他にCFAとか)

RW(リジョナルウィナー):
5月1日~翌4月30日迄を1シーズンとして、1回の審査で獲得出来るアワードポイントのうち、ポイントが高い方から50審査分の合計点数で順位を競います。そのうち、各リジョン(地域)同クラス上位20位までの猫につくタイトル。
ちなみに、インターナショナルで上位25位までに入ると、「IW」(インターナショナルウィナー)というタイトルがつきます。

50回分ポイントがつくまでは、ひたすら出陳し続けるわけですが、それ以上になったらただ出せばいいってもんじゃなくなるんですよね~(涙)


SGCA:
生涯成績みたいなもの。
(一応最高タイトルとされてます)
こちらは、タイトルポイントの積み重ね&ファイナルに残った回数等の条件をクリアしていく度に、タイトルがあがっていきます。アワードと違い、期間とかはありません。どれだけ時間をかけても可。

各クラスによって、少しずつ呼び方が異なります。(避妊去勢していない猫ちゃんの部だと、同じタイトルでも「SGC」
になったり)

アルタークラスだと、
CHA→GCHA→DGCA→TGCA→QGCA→SGCA
という順番でタイトルがあがっていきます。

SGCAは、QGCAの資格を満たした後、規定のポイント数をクリアして、かつ、一度Best Cat(1回の審査内で1位になる)になる必要があり、これがなかなか難関。勿論、1回の審査において、ライバルが少なければ少ないほど有利なんですが、現状のアジアリジョンにおいて、長毛種ではなかなか……。

とまぁ、ごちゃごちゃついた後に、キャッテリーの名前「RIEN」がきて、ようやく朱夏っちの名前となるのでした。

アルターなので、あまり機会はありませんが、血統書なんかには、前出の名前で記載されたりします。なげぇよ(笑)

ウチの子達は、皆和名なので微妙な雰囲気を醸し出していますが、TICAに届ける名前が、洋風でビシッとしてると、何かそれだけでカッコ良く思える不思議。
でも、次があったとしても、やはり和名にしますけどね!

関連記事

2014.07.14 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。