上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
今年も映画祭シーズン開幕。今日は東京国際映画祭の初日でした。
朝一番で病院へ行き痛い思いをし(この話はまた後日:苦笑)、その足で六本木ヒルズへ。夕方からのレッドカーペット(今年はグリーンカーペット)会場のけやき坂の様子をちょっと確認。イベント開始までまだ4時間近くある今なら最前列を確保できるのだと思うと、その後見ようと思っていた映画をスキップしてしまおうかとしばらく真剣に悩んださ(笑)

そんな誘惑をどうにか振り払って、大林監督の「その日のまえに」を鑑賞。舞台挨拶には大勢の俳優さん方が登場して堪能。それなりに前の方の席だったので、俳優さん方の顔もはっきり見えたし。それにしても、大林監督の独壇場で、司会者のいらない舞台挨拶だった(笑) 楽しませていただきました。

相方が監督からのサインを貰おうと粘っている間に、私はけやき坂に急いで戻り場所を確保。もうダメかと思っていたけど、これまでの中ではかなりちゃんとカーペットを見られる場所を取れて、これはよく見られるかも?!とわくわくしながら1時間ほど待機。

午後4時半。イベント開始。次々と登場する俳優陣。誰を見たとかもうここに書けない位に沢山(笑) カッコ良かったのは、ミッチー(及川光博)、佐藤浩市、かな。(妻夫木くんや高橋克典、伊勢谷友介とかも歩いていったけど、何かちょっと……:笑) あとは、審査委員長で登場したジョン・ヴォイト(アンジェリーナ・ジョリーの父)は、私の目の前の女性が求めたサインに応じていたので、思いの他近くで見ることができたけど、それはそれは素敵だった。あんな風に歳がとれるのはいいなあと思わず見惚れてしまうほど。女性陣は誰もみんな綺麗だった。宮崎あおいちゃんも、北乃きいちゃんも可愛かった。

で、だ。
今回のメインは、オープニング作品「レッドクリフPart1」で来日しているトニー・レオンと金城武!
最後の最後に盛り上がって登場♪と楽しみにしてたのに、誰かさんのおかげで台無し(怒)
よりにもよって麻生総理と同列で登場とは……。盛下がることこの上なし。
もう少し空気を読んで欲しかったなぁ。もちろん周辺であがる黄色い声は、麻生総理に対してではなく、トニー・レオンと金城武に向けられたもの。総理はカーペット歩くより他にやることあるだろうに。ふぅ。

とりあえず気を取り直して、目の前を歩いていく金城くんとトニー・レオンを凝視。か、カッコええっ。正直、トニー・レオンはスクリーンの中の方が素敵だと思ったけど、金城くんは……! めちゃめちゃ素敵だった。背高くて可愛くて。彼が喋る日本語も結構好きだし。ああもう、こんなに近くで見られて満足。3時間近く立ち続けたのはしんどかったけど、それに余りある幸福感。あとは、今夜スマステに登場するトニー・レオンを堪能するのみ(笑)

もっとも見終わった後はどっと疲れが出てしまい、まっすぐ帰宅。明日は4本見る予定なので、今夜はゆっくり眠って体力回復をめざします。あー、金城くんカッコ良かったぁー。(←しつこい:笑)
関連記事

2008.10.18 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。