上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
20日/月曜日、東京国際映画祭3日目。
今年唯一のタイ映画だし、仕事も意外に早く終わったので、せっせと六本木まで。
上映&ティーチインまで終了すると23時位になってしまうので、上映中も「ティーチインどうするかなー」とずっと迷っていた。上映だけなら30分は早く帰れると思うと迷うんだよね。日曜日の夜も遅かったし。「ま、作品次第かな?」などと考えていたところ、突然映像がブチッと途切れ照明がついた。

おー、映写トラブル!(笑) どうやら映写機のランプが破裂してしまった様子。
復旧の為、20分程度の中断。隣に座る見知らぬおじさんと「映画祭ですから」と苦笑しつつ、こんな時間に20分も遅れたら、ティーチイン聞かずに帰っても同じだけ遅くなるよと思ったり思わなかったり。それでも、最後の上映で良かったのかも。これが日中だったら、次の作品に流れる人たちには厳しい限り。
ようやく復旧して、残り20分程度。中断時から1分巻き戻しての上映だったけど、ちょうど途切れたのがベッドシーンで(笑)、またそこから始まるってのが何ともはやでまたまた苦笑。そこまでの流れではあまり好みではなかったのだけど、わずかながらラストに期待してたのよね。……でも、あかんかった。あんまりなラストで、エンドロール終わってがっくり。ティーチインを聞かずに外に出た。
(やっぱり数年前に見た「ミッドナイト、マイ・ラブ」が強烈過ぎて、あれ以上のものがなかなか出てこない。タイ在住の友人に買ってきてもらってDVDは持っているけど、タイ語オンリーでは、いくらストーリーをわかっていてもつらい。せめて英語字幕があれば、と(泣) 公開は無理としても、DVDにならないだろうか(無理か:涙))

映画館を出たら、外には黒山の人だかり。俳優か監督かがいるんだろうなー、と横目に見ながらてくてく。ヒルズ敷地内を出たところで、先に帰ったとばかり思っていた相方から電話が。どうやら先ほどの黒山の人だかりの中で監督からサインをもらっていたらしい(笑) 毎回毎回よく続くなぁ、と思いつつ帰宅。やはり時間は零時を回ってしまっていて、さすがにちょっと疲れ気味。21日も1本チケットはとってあるけど、これは無理かもなー。早めに帰って早く寝ないと、まだ水木金土日と残ってるし、体力もたないかも(苦笑)

>20日
51-ワンダフル・タウン
関連記事

2008.10.21 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。