上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
社内の一部で密かに漢字検定ブーム(?)が。
準1級を受けようと考えていたのに、上司・同僚が「大学時代に受けた2級なんて、今となっては無効だ」とかぬかすので(笑)、再度2級を受けることに。何だか踊らされている感もあるけど、自分でもやり直した方がいいかも、と思わないわけじゃないので2級からお勉強します。

それにしても、2級までは色々なテキストがあるのねえ。昔はこんなにあったかしら。
インターネットでも模擬試験もどきの練習ができたりとかね。有料の高機能バージョンまで用意されている(笑)
それに驚くのは、年に3回の試験だけではなく、指定された会場にて(事前申し込みの上)ほぼ毎日試験が受けられるんだそうな。結果も10日後には出るんだって。(但し、これはコンピュータを使用した出題で、2級までが対象らしい:漢検CBT) これなら、思い立った時にすぐ受験できる。

とりあえずさくっと模擬問題をやってみたところ、弱い部分が簡単に判明した。
何はさておき「部首」がアカン。これはダメだ。綺麗さっぱり忘れている。
テキストで勉強して、過去問題やって、模擬試験受けたら、とっとと大手町の会場で試験受けよう。
年3回の次回試験に、2級と準1級を両方受けるという手もあるけど、2つも同時に手をつけるのは無理(汗) ひとつ片付けてから。

そ、それにしても準1級と2級の間には、ほんとーーーーーに深い溝があるのね(涙)
関連記事

2008.10.23 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。