上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
実はすっごく楽しみにしていた作品、だったのだけど。
お気楽に生きているように見えても、誰だってそれなりに悩みを抱えていて、それでも前向きに生きている女の子の話、と勝手に思っていたわけだけど……。
お気楽とも思えるほどわが道を邁進する小学校教師の主人公。そんな彼女にも悩みはあって、解決しようと考えたりもする。車の免許をとる為に奮闘したりもする。だけど、最後の最後まで自分は自分。周囲にわかってもらえなくても、自分らしく!

……これはちょっと私駄目だったかも。
主人公の女の子の明るさが、激しく空回り。痛々しさまで感じてきて、いたたまれない気持ちになった。それは、彼女のジョークに飽きてきているというのもあるけれど、人生そこまで明るく生きる必要はないんじゃないかと思ったから。確かに前向きに自分らしく生きていくのって、素晴らしいと思けど、同時にそれはとても難しいことでもあると思う。だから、主人公の生き方は、ある意味素晴らしいと思うのだけど、どうにも違和感を感じずにはいられなかった。

この話が、一体何を伝えたかったのかが私には理解できなかった。
何だか終始冗談まじりであった割に、すっきりしない一本だったなぁ……。
関連記事

2008.12.16 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。