上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
DVDといえば、映画館で見逃したものを自宅で鑑賞する為のものと、以前の私は思ってた。だからそれらは全部レンタルだったし、たっかいDVDを買ってまで見るなんて考えられなかった。しかも、そうやって購入したDVDを買うだけ買って、封を開けずにコレクションしている人間なんて「ホントに信じられない!」って思ったものなのだが。

……今ならわかる(爆)
ある程度高くても購入してしまうDVDは、映画館で見逃したものではなく「映画館で見て気に入って、どうしても手元に置いておきたいもの」なのだった。一度見ているし、購入後すぐに見ようとまで思う作品はそれほどない。なので、DVDを購入すると必然的に封がされたままのものが増えていくことになる。映画館に足繁く通っていると、自宅でDVD鑑賞をする時間もなかなかとれないしね。
(もうひとつDVDを買う理由に「公開されずにDVDスルーされたもの」というのがあるようだけど、それは私には理解できないのでパス。公開されなかったものまでフォローするほど気力がない:笑)

結婚後、リビングの棚に並んでいるDVDの中で半数くらい?が未開封の現在。
まさか、私が購入したDVDにも未開封のものが存在するようになるとは。
悔しいけど、相方が昔言ってたことは本当だった。

えーと、何故そんな話になったかというと。
会社の上司が夏休みで海外旅行に出かける際、機内で見る為のDVDを数枚貸してはくれまいかと打診されたこと。手元にあるDVDは、映画好き同士が一緒にいる割には、ふたりあわせてもそう多くはない(らしい)が、その上司は映画館にほとんど行かないのでどれを選んだとしても見たことがあるものは、おそらくない。その点では楽チン。

で、「未開封のものもありますけど、気にせずあけちゃってください」と言ったところ(いつぞや相方に言われた気もするなー)、「え、何で未開封なの? 普通買ったらあけない? 私に渡す時には開封してから渡してよー!!」と言われたから。これもまたどこかで聞いたセリフで(笑)、昔のことをふと思い出したのだった。

でも、気に入った映画を片っ端からDVDで買っていくと、それはそれでキリも置き場もない。
今、amazonの欲しいものリストはえらいことになっているんだけど……(苦笑)
関連記事

2008.09.19 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。