上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
金城くん祭、第二弾(笑)
こちらはトニー・レオンも出演してるから、ミーハー度は2倍!
しかし、金城くんはともかくとして、トニー・レオンの時代劇衣装(問題はかつら、か)の似合わなさといったら……。(まあさ、楽園の瑕の時にも思ったんだけどさ:苦笑)
東京国際映画祭のグリーンカーペットで、「うわっ、トニー・レオンって実は地味!」と驚いたけど、今回のは役柄も相まって本当に地味。主役なのにね(笑)

さて。遠い昔に読んだ三国志。
(関係ないけど、私の中の三国志といえば、テレビでやってた人形劇三国志:笑)
あまり覚えていないんだけど、戦いの結末はわかっているだけに安心して見られる。
個人的には、諸葛孔明が好きなので、活躍してくれると嬉しい。(いや、活躍……しているようにはあまり思えないけど:汗) 幼心に諸葛孔明は私の憧れで、さぞかしいい男だったに違いないと勝手に思っていたわけだ。(一応、そう書かれている……はず) 私の中の孔明は、ちょっと金城くんとは違うし、周瑜も色男ではあるけれど、なーんかレオンたんではちょっと違う(笑) でも、なかなか面白かった。金城くんの孔明って、結構おちゃめ。ちょっとクールで、冷静で、気難しい雰囲気に思っていた孔明が、かなり身近になった感じ。それがいいのか悪いのかは置いておく。だって映画なんだもーん。

三国志では、孫権が一番私の中では影が薄いんだけど、やっぱり映画でも影が薄いのな(汗) でも、妹は面白いぞ。Part2でも、どんどん活躍して欲しいところだけど、そうはいかんか。
今回の曹操はホント嫌な人間に描かれていて苦笑。そんなに悪党でもない気がするんだけどね。

とりあえず、お金はかけたんだな。大作だ。結構面白かった。
……とこんな普通の感想を抱く程度には楽しかったと思う。Part2もそれなりに楽しみ。
少なくともがっかりはしなかった。強く薦めもしないけど。

レッドクリフ
関連記事

2009.01.23 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。