上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
Cat
すっかり暑くなりました。
昨日は、1歳になったばかりのかなたんを連れて、RIENさんに里帰り。
ガッツリ作った保冷剤をキャリーに入れたら、帰り着くまで、キャリー内ひんやりでした。

実は、結構ビビりな彼女。
初めのうちは隠れたり、素晴らしい(?)へっぴり腰でしたが、そのうちお客様に遊んでもらえる様に。

案の定、往復ともに粗相なし。
遊びに行くことだけは分かってるんだもんなぁ。
今度は朱夏も一緒に連れて行こうか。
大好きな朱夏っちと一緒なら、移動も苦じゃないかもだしね。

しかし私ひとりでは、朱夏と2頭はなかなか~。
朱夏っち、まだまだ成長中で。ええ、横にですとも(笑)

さて、その朱夏っちです。
昨シーズンのアワードの結果が、随分前に発表されておりました(汗)


TICA RW SGCA RIEN SYUKA
2013-2014 Asia 4th Best Alter of the year
2013-2014 Asia 2nd Best Norwegian Forest Cat Alter of the year



要するに、アルター(避妊去勢猫)クラスにおいて、アジアの全猫種の中で4位。
それでもって、同じくアルタークラスアジアのノルウェージャンで2位でしたよ、という結果です。

朱夏っち、本当によく頑張りました。
頭がお花畑(全部食べ物で出来ていそうだけど)の朱夏っちでも、さすがに最後の方は、うんざりしていたかと。
でも、会場に着けばいつも良い子で、一度たりともシャーフーしたことのない子です。
朱夏っちじゃなければ、私も頑張れなかったよ。
いつもおっとり穏やかな彼のことを、私は尊敬していたし、密かに自慢に思っています。

お父さん猫、お母さん猫、幼少期を仲良く一緒に過ごした兄弟猫、しっかり教育的指導をしてくれたRIENのお姉様猫達。朱夏っちを可愛がってくれる猫友達、そして何よりブリーダーさんのおかげで、今の彼がある。
本当にありがとうございます。

そして、そんな彼を評価してくれたジャッジの先生にも感謝します。

というわけで、今は小休止中で、ごろごろとお腹を見せてお気楽平和に暮らしている朱夏っち。
かわりに、綴とかなたんが、時々ショーに付き合わされている今日この頃ですが。
でもやっぱり、もう少し緊張感がないと、デブになるよ、朱夏っち……。

ちなみに、インターナショナルのノルウェージャン(アルター部門)では5位。
3位までしか、表彰対象にはならないので残念でしたが、何というか、今年の(アジア)アルタークラスのノルウェージャンは激戦でした……(遠い目)
熾烈な争い?(笑)っていうか。
(何せ全猫種の中で上位10位以内に、5頭ノルがいる。あ。アジアのアルタークラスで、ですが)
皆、素敵な猫ちゃん達でした。
もう会えないのかなぁ、と思うと、少し寂しくもあります。

しかし、ノル、流行ってるんですかね?
アジア(というか、日本)は勿論、それだけじゃなくて。


おまけ:

さっき記載した朱夏っちの名前の頭に、色々ごちゃこちゃと単語がついてますが、ちょっと解説(笑)

TICA:
ショーを主催している血統団体の名称
(大きな所では、他にCFAとか)

RW(リジョナルウィナー):
5月1日~翌4月30日迄を1シーズンとして、1回の審査で獲得出来るアワードポイントのうち、ポイントが高い方から50審査分の合計点数で順位を競います。そのうち、各リジョン(地域)同クラス上位20位までの猫につくタイトル。
ちなみに、インターナショナルで上位25位までに入ると、「IW」(インターナショナルウィナー)というタイトルがつきます。

50回分ポイントがつくまでは、ひたすら出陳し続けるわけですが、それ以上になったらただ出せばいいってもんじゃなくなるんですよね~(涙)


SGCA:
生涯成績みたいなもの。
(一応最高タイトルとされてます)
こちらは、タイトルポイントの積み重ね&ファイナルに残った回数等の条件をクリアしていく度に、タイトルがあがっていきます。アワードと違い、期間とかはありません。どれだけ時間をかけても可。

各クラスによって、少しずつ呼び方が異なります。(避妊去勢していない猫ちゃんの部だと、同じタイトルでも「SGC」
になったり)

アルタークラスだと、
CHA→GCHA→DGCA→TGCA→QGCA→SGCA
という順番でタイトルがあがっていきます。

SGCAは、QGCAの資格を満たした後、規定のポイント数をクリアして、かつ、一度Best Cat(1回の審査内で1位になる)になる必要があり、これがなかなか難関。勿論、1回の審査において、ライバルが少なければ少ないほど有利なんですが、現状のアジアリジョンにおいて、長毛種ではなかなか……。

とまぁ、ごちゃごちゃついた後に、キャッテリーの名前「RIEN」がきて、ようやく朱夏っちの名前となるのでした。

アルターなので、あまり機会はありませんが、血統書なんかには、前出の名前で記載されたりします。なげぇよ(笑)

ウチの子達は、皆和名なので微妙な雰囲気を醸し出していますが、TICAに届ける名前が、洋風でビシッとしてると、何かそれだけでカッコ良く思える不思議。
でも、次があったとしても、やはり和名にしますけどね!

2014.07.14 
Cat
今日7月11日は、ウチの末っ子、かなたんこと奏風の1歳のお誕生日。

我が家のノル達の中では、一番猫らしい猫な気がします。
りるけっ子姉弟は、おっとりぼんやりであまり自己主張もしませんが、かなたんは、よくピキピキ、ウキウキ(笑)鳴いて、何かを訴えます。撫でれ、遊べ、邪魔しないで。撫でれば、嬉しそうに目を細めてゴロゴロ。呼べば、何?という顔をしてやってくる。そして、朱夏っちと、とっても仲良し。

頭も多分いいと思うのね。
ショーと病院に行く時は、絶対粗相するけど、遊びに行く時は平気。
何が違うんだ!と叫びたくなります(笑)
まぁ、病院は諦めてよね、仕方ないから。
……ショーも諦めてもらわなきゃダメだけど(笑)

運動神経も狩野の次にいいかな。
でも、やはりノル。ちょっとおっちょこちょいで、足を踏み外している姿を時折見かけます。気をつけてね、本当に(汗)

まだまだチビちゃん。
いっぱい食べて、これからもっと大きくなってね。
彼女のオールタビーのアンバーカラー。いつ見ても、綺麗だなぁ、と思います。

これからも楽しく過ごそうね。
あまり狩野おばちゃんを刺激しない様に(笑)、自由気ままに暮らしてね。

あ、換気扇の上にはあまり乗らないでくれると嬉しいです。
かなたんは軽いからいいけど、下で羨ましそうに朱夏が見上げてるので。
体重と運動神経両面で、彼が乗るのは怖い……。
朱夏っちが乗ろうとしたら、ちゃんと私の場所!と主張して下さいね、宜しく!!





しかし、お耳が立ってるな~(笑)
でも、可愛いから、いっか。
なんだか、やはりママに似てる気がします!

かなたんの兄弟猫、サミイくん、モカくんも、お誕生日おめでとう! また会えたらいいですね♪

2014.07.11 
Cat
お友達のお宅に、ノルウェージャンの仔猫がやってきたとのこと。話を聞いてみると、おサルさんの様に走り回っている様子。

そういえは、我が家のかなたんも、いまだサルの様だと思い当たります。なんだか、「うきぃぃ~」とか「ぴきぃぃ~」とか奇声をあげて走り回っていることしばしば。
お腹がすいても、人の顔を見つめて「ぴー」、かまって欲しくても「うきぃ」

つづりんや朱夏っちは、「くるくるっ」としか鳴かないので、何か違う生き物みたいに感じます(笑)

可愛いのでいいんですけどね。
レディになるのは、いつになることやら(笑)



2014.04.30 
Cat
先週末に行われたキャットショーで、2013-2014シーズンの全日程が終了しました。1年間、本当に長かった。いや、短かった気もするけれど、辛かったシーズン終盤を思うと、やはり長かったかな。

そもそも、キャットショーに出陳する目的には、2種類あって。
ひとつは、タイトルをとること。
(シーズンとか関係なく得点や条件をクリアしていく生涯成績の様なもの)
そして、もうひとつが、アワード入賞をめざすこと。
(毎年5月~4月迄を1シーズンとして、その期間内での得点を競う年間賞の様なもの)

このふたつは、得点の計算方法が全く異なっていたりするのですが、多くの猫ちゃんは、タイトルとりつつ、結果アワードの得点も積み上げていきます。

ただ、朱夏っちは、当初アワードで走る(猫界では、アワード入賞を目標に、ショーに出し続けることを「走る」と言います)かどうか決めていなくて、とにかくタイトルだけを目標に、前シーズンの終わりから、ちまちま参加していました。
ところが、今シーズンの頭のショーで、予想だにしていなかったBestを頂き、最高タイトルのSGCAの条件をクリア。

ここから、走ることを決めた形になり、結果、朱夏っちを通常よりも長くショーに出陳し続けることになってしまったわけです。

正直、朱夏っちがここまで頑張れるとは思っていなくて(RIENさん出身猫で、昨年のアワード入賞したこざくらや、数年前に入賞したレオンくんと比べると……)、走らせることに悩んだりもしました。でも、朱夏っちのあまりにも穏やかで愛らしい性格と、周囲の方々の励ましに助けられて、なんとか最後まで頑張ることができました。

アワードは、1位でも20位でも、いただけるタイトルは「RW」であって変わりはありません。(勿論、素晴らしい猫ちゃんはインターナショナルでの入賞「IW」を目指すという目標であったり、各猫種での順位を上げたいというのはありますが)もしかして入賞できるかも?という目標得点に到達して以降の順位争いは、正直自分のエゴというか……本当は猫への負担を考慮して出陳をやめる、あるいは減らすという選択肢もあったわけです。
それを選ばなかった時点で、後半の辛さは自業自得だったんですよね。

それでも、何とか無事に終わりました!
色々アドバイスをして下さった猫友の皆さん、ブリーダーさん、そして朱夏っちを評価して下さった、お世話になったジャッジの先生方、主催クラブの皆様、本当にありがとうございました。

アルターは、親バカクラスだと思うけれど、それでも順位がつくという以上、勝負の世界であることは確かです。でも、やはり私個人としては、出陳者の皆さんと和気あいあいと楽しみたいという気持ちが大きかったのです。
色んな方とお友達になりました。
そして、助けてもいただきました。
勿論、女中心の世界ですから、本当の気持ちは分からないし、とても難しい部分もあります。それでも、とりあえず、現時点では、1年頑張って良かったと思います。色々と勉強にもなりました。

気力も体力も手間も時間もお金もかかる、自分だけではなく猫にも頑張ってもらわなくちゃいけない趣味なので、おいそれと人にすすめることはできません。
でも、もしも、興味があって、猫ちゃんも付き合ってくれそうな方がいたら、今度は少しでも協力できたらいいなぁと思ってます。


まだ朱夏っちが子猫の頃、鳴かず飛ばずで落ち込んでいた私に、「この子は、これからきっと良くなる子だから」と仰って下さった、とあるブリーダーさんがいました。単に慰めて下さっただけかもしれませんし、きっと忘れているとは思いますが、この言葉を信じて頑張れた気もします。最後にお礼を言いたかったけど、バタバタと帰ってきてしまって……。また近いうちに感謝の気持ちを伝えたいと思います。

もっとも、そんなに良くなったかと言えば、良くなった!と思う部分もあれば、そうでない部分も同じかそれ以上あると思います。でも、やっぱり立派になったと思うわ(親バカ) 致命的なのは毛の量(笑)

TICAのスタンダードでは、ノルの審査基準にカラーは含まれないのですが、ノルと言えば、やはりブラウンやブラックのタビーで綺麗なハチワレが王道。そんな中、色々な意味で不利なレッドシルバーで、ここまでよく頑張ったと思います。

終盤の方では、なかなかファイナルに残ることも難しくなっていましたが、最後のショーでも、Bestを頂けて、他にも2回ファイナルに残していただけて、とても良い締めくくりになったと思います。どんどん良くなっている、タイプもいいと仰ってくださるジャッジの先生方もいて、本当に嬉しかったです。心残りはありません。遠征したことも良い思い出です。

最終結果は、公式発表されてから、また。

来シーズンは、CFAでグランドプレミアのタイトル獲得を目標に、少しだけ頑張ります。とりあえず、気力、体力、財力を回復させてから、その次のシーズンのことは考えたいと思います。
とりあえず、来シーズンは自分のお勉強に費やさなきゃ。
あと、つづりん、かなたんも、写真を撮りに行きたいしね(笑)

とにもかくにも、終わった!という開放感でいっぱいです。
何度も繰り返しになりますが、助けて下さった、色々アドバイスを下さった、励まして下さった皆様、本当にありがとうございました。

ブリーダーのRIENさんにも、本当にお世話になりました。シャンプーを変えて何頭も何頭も洗って、朱夏の毛質に合うシャンプーを探してくださったのに、どの猫がシャンプー後の猫だか分からないというダメなオーナーでごめんなさい(滝汗) 色々とご迷惑もおかけしました。恩返ししたいと思っていたのに、逆に恩返しする内容が増えてしまいました。ありがとうございました。心から感謝しています。

忘れるところだったけど、ウチの旦那様にも感謝。洗ってくれて、出陳してくれて、協力してくれて本当にありがとう。

そして、何より付き合ってくれた朱夏っちに感謝をこめて。お疲れ様。しばらくゆっくりしようね。ありがとう。


折角の写真なのに、抱っこの仕方が酷い(滝汗)

おまけ:
ショーに出し続けていると、ストレスなどで、食欲が落ちてしまったり、痩せてしまったりする猫ちゃんもいると聞きますが、朱夏っちは全く食欲も落ちず、重くなり続けております(汗) やはりネジが数本……(以下略)

決して太っているわけではないはずですが、本当に引退するまで食事管理に関して気が抜けないのね~。
相変わらず、皆の残り物を片付けて歩いている2歳の朱夏っち。この食欲はいつまで続くのん?

2014.04.28 
Cat
今期のショーシーズンも大詰め。
泣いても笑っても4月いっぱいで終了です。
実は3月に朱夏っちを連れて福岡のキャットショーに参加していました。
遠征なんて最初で最後だと、この時は思っていましたが、状況は刻々と変化するもので(汗)、気が付けば、先日、名古屋のショーに遠征しておりましたとさ。

がしかし、さすが伝統あるクラブ主催の、さらには、シーズン大詰めのショーだけあって、アルタークラス(避妊去勢猫の部)であっても、出陳頭数の多いこと(呆然) 東京でよくお見かけするにゃんずも多数遠征しておりました。2日目なんて、ノルだけで9頭ですよ、奥さん(って、誰に話しかけてるんだ) 頭数少ないかも、ファイナル残りやすいかも、なんて目論見は霧散……。

相変わらず、万人受けしない朱夏っち(笑)には、なかなかに苦しい展開でしたが、無事2日間を終えることができました。

もちろん、苦しいだけではなくて、楽しいこともありました。お世話になった皆様に感謝です。いつも本当にありがとうございます。

「あ~(低音)」って思うことも度々ある趣味の世界ですが、そこまで悪いこともありません(苦笑) (少なくとも、まだ)

これが本当に最後の遠征。
遠い未来に、違うにゃんこで遠征するようなことがあれば別ですが、朱夏っちとは最後です。朱夏っちは本当にいい子だったなぁ、としみじみ思います。

そうそう、今回の遠征時に朱夏ちゃん、ご褒美をいただきました。ファイナルに残していただいて、なんとまさかのBest!(驚) しかも2回も!! ファイナルに残していただけることだけでも、とても嬉しいのですが、やはりBestは格別です。(ハイかローかのジェットコースター状態ですが)

で、いただいたのはこれ。



ニャンとも清潔トイレのキティちゃんコラボ版です。ずっと欲しかったのですが、買うほどではなく……(笑)
なので、いただけてすごく嬉しかったです。

でもトイレとして使用するのはもったいないので、猫ベッドとして使うことにしました。冬はふわふわフリースを敷いて、すのこになっているので、夏もいけそう(笑)

朱夏が貰ってきたのに、やはりこの方の物になりそうです……。



さて。
今週末は、今期最後のショーです。
朱夏ちゃん、もちっとだけ頑張ろうね。
大好きなガーバー用意するからね!
(人間の赤ちゃん用離乳食。玉ねぎ抜きで、何故かにゃんずはこれが好きな子が多い……。ショーの時だけ食べられるのです:笑)


2014.04.24 
Cat
16日は、綴の4歳のお誕生日でした。
時の過ぎるのは早いものです。
あの派手三毛に一目惚れしたのは、もう4年も前ですか……。

優しい優しいつづりん。
ちゃんと年上を立てて、妹の面倒もみて、呆れながらも弟のことも見守ってくれる、とっても良い子のつづりん。
ただ、朱夏がいるとあまり甘えてくれないのが寂しいかな。いつでも、来てくれていいんだよ。

朱夏がゲージにいる時と、明け方だけ、すりすりゴロゴロしてくれる可愛い可愛いつづりん。レーザーポインターとカリカリが大好きなつづりん。それでもって、冬になると食欲旺盛になって、もふもふになるつづりん。(今は既にすってんてん) 外出する時も、ほんの少しも鳴いたりしない、粗相もしない、本当に出来たお姉ちゃん。偉いね。

色々と気を遣わせてごめんね。
今年は、少しショーに一緒に行こうね。
朱夏っち抜きで、一緒におでかけ。
あ、行く場所が気に入らないか(笑)

まだまだ元気でいてね。
そういえば、つづりんはほとんど病院行かなかったね、この一年。

来年もお祝いしよう!
ウチにきてくれてありがとね。
可愛いつづりんへ。


2014.04.22 
Cat
今日、14日は朱夏っち、2歳のお誕生日です。
あっという間に2歳。私の中では、まだまだぼんやりお子ちゃまなんですけどね(笑)

本当に性格が良くて、可愛い朱夏っち。
お顔も随分大人びてきたけれど、やっぱりどこか女の子みたい。そして、奏風に振り回されている姿もまた愛らしいものです。

朱夏っちとは、彼がまだ仔猫の頃から、もう随分長くショーでの時間を過ごしている気がします。確かにあっという間の2年だったけれど、一緒の時間を一番過ごしているのも彼で、まだ2歳なんだ!という感覚もあったり。

一度もショー会場でシャーフーすることなく、私に付き合ってくれる、可愛くて良い子の朱夏っち。
そんな生活も、ゴールが見えてきました。
今月を乗り切って、そのあと、もう少しだけ頑張ったら、後はのんびりしようね。

大事な大事な、私の朱夏っち。
いつも癒してくれてありがとう。
ウチの子になってくれてありがとう。
これからも、おばちゃん狩野とお姉ちゃんつづりん、妹かなたんを宜しくね。
あ、ついでに、私と旦那のことも(笑)

お誕生日おめでとう。
今年も一年、元気に楽しく過ごしてもらえるように、私も頑張るよ。
来年はまったりゆっくりお祝いしようね。

追伸:
今日の朱夏っち。



会社の帰りにスーパーに寄ったら、既にささみがなくて、牛肉を買ってきました。朱夏っちは、私の手から2、3枚食べただけで終了~。残りはこの方ががっついてました(汗)


(ぶれぶれ~)

誰の誕生日なんだか!(笑)

……そして、16日のつづりんの誕生日に続く(笑)

2014.04.14 
Cat
2月2度目の大雪の日。
頑張って行ったキャットショーで、またまた撮影していただいたプロショットが届きました。
消費税対応のトラブルで、帰宅が明け方になった私を癒すかのように、燦然と輝く届いたCD-ROM(笑) もちろんその場で見る気力はなかったんですが、気分の問題ね。

カメラマンさんから、あまり良い写真が撮れなかったから、と言われていましたが(もちろんウチの子のせい)、なんのなんのさすがプロのカメラマン様哲様、といった感じで、満足です。

一番のお気に入りはこれ。


会社パソコンの壁紙にしました。
大きくて正面を向いていて、なんだか「お仕事がんばってね」と言われている様で、見る度にでれでれしてしまいます。←ただの馬鹿

あともう1枚。


朱夏っちの撮影はこれで打ち止めかな。
もしかしたら、4月中にもう一度撮ってもらうかも、ですが。
そして今度は、数年後、もっと成長した時に。

可愛い可愛い朱夏っち。
元気に可愛く成長してね!

2014.04.02 
Cat
先日、ショー会場で購入した猫ベッド。
つづりんとかなたんがお気に召したようで、交代で眠っております。

小ぶりなハート型クッションをつなげて、貝型っぽくなっているリバーシブルタイプ。ピンク色だからかな? 朱夏っちが、使っているところは、見たことがありません。『ボク、男の子だから』といったところか。若い女子達が愛用中。狩野も特に興味がない様子。

つづりん、気持ち良さげ。


かなたん、可愛くおすまし。


からの……がぉ。


かなたん、まだ黒い部分がはっきり見えて、ワイルドな感じです。全体的には、明るくなってきた感じもします。チビだチビだと思っているけれど、狩野とは既に同じ大きさ。朱夏と比べたら、当然まだまだ小さいわけですが、ふたりで真剣にプロレスやってます。大人気ない朱夏は完全に本気(汗) お兄ちゃんなんだからさ~。

かなたんは、よく食べよく遊びよく走り回りよくイタズラし、結構筋肉質でしっかりした身体に育っている気がします。お腹も丈夫で、言うことなし。このまますくすく育って、大きくなってね!

2014.03.02 
Cat
大変ご無沙汰しております。
気付けば年も明けてはや2ヶ月が過ぎようとしておりますが、皆様如何お過ごしでしょうか。

私はといえば、平日は、何だかよくわからないけれど仕事に追われ、へろへろ。休日は月に2回程キャットショーに出没し、それ以外の休日は魂が抜けた様にぼんやり過ごしております。いや、もう疲れちゃって。

もっとも、仕事はともかくとして、キャットショーは自分で決めて参加していることなので、はっきり言って自業自得。同情の余地もありません(苦笑) 付き合ってる朱夏だって、『ボク、行かなくてもいいよ。むしろ行きたくないけど』と言っているに違いない。

年が明け、4月終りのシーズン終了に向けて、素敵な猫ちゃん達が沢山登場してきて、目の保養になると同時に、なかなかファイナルに残れなくなってきました。審査を受けても受けてもダメな時は、本当に心が折れそうになります。きっとね、朱夏っちも分かっていると思うんだ、そういう雰囲気。私がしっかりしないとね。ウチのコが一番可愛い! カッコいい!って、私が思ってなきゃ(笑)

私に出来ることは、綺麗にシャンプーすること位なんだけど、またそれが難しい。シャンプーにダメだしされると、何だかブリーダーさんに申し訳ない気持ちにもなる。グルーミングでダメって本当情けないもん。あ、ウチのブリーダーさんは、ショーを強制なんて一切しないし、でも協力してくださるし、本当にありがたくて感謝しているのです。多分、出陳している誰しもが同じように、ショーグルーミングには悩んでいるとは思うんだよね……。この先、こんな風にシーズン通してショーに参加させるコと一緒に暮らすことがあるのかわからないし、この悩みが次に活かせるのかもわからないですけど……。

そんなわけで、悶々とした気持ちをたまには開放すべく、お正月に、いつもとは違う血統団体が主催しているキャットショーに出陳してきました!
血統団体が違うと、ルールも、タイトルのとり方も違う。ショーの勝手もわからない。このシーズン、そちらの団体で頑張っているお友達に、すっかりお世話になってしまいました。

いやぁ、結果を全く期待しないショーは楽しかった! 思いがけずファイナルに残ったりしたら、そりゃあもう嬉しくて。(もちろん、普段のショーもファイナルに残ればすごく嬉しい! でも、入れないと落ち込むのね)少しポイントも獲得できたし、来シーズンはタイトルだけそちらの団体で取れたら、朱夏っちのショー生活も一旦終了かな~。

そしてそして、最後まで悩んだのですが(だって、めちゃ高い!)、外国人カメラマンさんに朱夏っちの写真を撮ってもらいました。何か有名なカメラマンみたいです。私はよく知らないけど(苦笑)

アシスタントもいなくて、ええっ!本当にこれでちゃんと撮れてるの?って思うような撮影だったのですが(失礼だ……)、出来上がった写真を見たら、かなり素敵でした。

素敵でした、が……。ここでまた飼い主の怠慢が写真に現れ。おっ、素敵!と思う写真なのに、一箇所毛がはねてるとかさ(号泣) もう泣くに泣けない感じです。次回、撮影していただく時は、頻繁に櫛をいれようと決意しました。はい。

そんな中でも素敵だった写真を少し。





何割増しだろ?(笑)
初めて飼い猫の写真をスマホの待ち受けにしたさ(笑)

そんなわけで、猫好きがこうじて始めたショーのお手伝いの為に、これから広島行ってきます。あー、ご迷惑をおかけしないようにしないと。出陳するより、心が重いっす(涙)

2014.02.22 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。